あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

“人間の心”のコピーはどのようにして可能になるのか?

私たちの肉体が死んだ後も、心は別の形で生き続けることができるという考えは、1950年代からSFの中で繰り返されてきたテーマだ。『ブラック・ミラー』や『アップロード』といった最近のテレビシリーズやいくつかのゲームは、私たちがこの考えに魅了され続けていることを示している。この概念はマインド・アップロードとして知られている。

最近の科学技術の発展により、マインド・アップロードがSFから現実になる時代が近づいている。

2016年、BBC Horizonは『The Immortalist』という番組を放映した。ロシアの大富豪が、神経科学者、ロボット製作者、その他の専門家と協力して、永遠に生きるために心をコンピューターにアップロードする技術を開発する計画を発表した。

当時、彼は2045年までに実現すると自信満々に予測していた。しかし、人間の脳をより深く理解し、それをエミュレートする、あるいは再現する能力に向けて、私たちは小さな、しかし重要な一歩を踏み出しつつある。

全脳エミュレーションは、マインド・アップロードへの潜在的な道筋のひとつである。脳とその活動を詳細にスキャンすることで、人の生物学的な脳、そして潜在的な心をコンピューターで再現することが可能になる。

いくつかのアプローチ

最も有望な技術は「スキャン・アンド・コピー」で、保存された脳の構造を、例えば電子顕微鏡の技術を使って詳細にスキャンする。これにより、脳のワーキングコピーを作成するために必要なデータが収集される。

では、全脳のエミュレーション、ひいてはマインド・アップロードが実現する可能性はどの程度あるのだろうか?2008年に発表された報告書の中で、オックスフォード大学の研究者たちは、全脳エミュレーションを「手ごわい工学的・研究的問題であるが、明確な目標があり、現在の技術の外挿によって達成できるように思われる」と述べている。

しかし、その根底にある仮定と、特に2つの重要な信条に懐疑的な意見もある。全脳エミュレーションの命題の中心は、精神と肉体の分離である。

というのも、脳は “身体化”されており、身体の他の部分や、私たちが感じたり相互作用したりする環境との関係によって、そのように機能すると多くの人が信じているからである。

マインド・アップロードもまた、心は脳が行うことの結果であると仮定している。私たちの心、特に意識は、しばしば生物学的な脳の機能よりももっと偉大で儚いものと考えられている。

この論争は、全脳エミュレーションとマインド・アップローディングの哲学的・科学的課題が学者によって活発に議論されていることを意味する。

私の博士論文では、一般の人々がマインド・アップロードについてどの程度認識しているのか、また、マインド・アップロードについて知ったときにどのように考えるのか、例えば、自分のマインドをコンピュータにアップロードすることを望むのか、あるいは別の身体にアップロードすることを望むのか、また、どのような利点とリスクがあるのかについて調査している。

研究の過程で、私は縦断的インタビュー(数年にわたって同じ対象者にインタビューすること)や、アップロードされる2人の人物を描いたストーリーテリングのウェブサイトなど、いくつかの調査方法を用いてきた。

脳を改変する

ニューロテクノロジー、すなわち「人間の脳活動を直接記録したり、修正したりする方法」は急速に進歩している。脳とコンピュータのインターフェースや埋め込み型デバイスのステントロードといったニューロテクノロジーの例は、重度の麻痺患者が思考によってコンピュータを操作し、買い物や電子メールの送信といったオンライン活動を行うことを可能にしたため、今年初めに大きな話題となった。

このような開発は、人工知能(AI)の進歩とともに、脳波の解読を可能にしている。将来的には、脳への “書き込み”や “修正”が可能になるかもしれない。

その結果、私たちの人権と神経の権利が守られるよう、ガイドラインや法律を整備する必要がある。「ニューロライツ」として知られるこの分野は、現在学術界でホットな話題となっている。

人間の脳をエミュレートするのにどれだけの時間がかかるか、確かなことは誰にもわからない。100年かかるかもしれないし、マインド・アップロードもまた大きな飛躍である。これは一生先のことに思えるかもしれないが、過去10年間の技術の進歩の速さを思い出す必要がある。

例えば、私たちが初めて磁気共鳴画像法(MRI)を使ったのは50年前である。しかし今年初め、デューク大学を中心とする研究チームは、史上最高の解像度でマウスの脳全体をスキャンした。現時点では、全脳エミュレーションとマインド・アップロードの可能性は、主に科学的な領域にとどまっている。

しかし、すでに見え始めているように、このような開発は、人間であることの意味を変える可能性を秘めている。


本記事は、Angela Thornton氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「How uploading our minds to a computer might become possible」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする