あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft Edge内蔵PDFリーダーがAdobeのレンダリングエンジンに切り替わる

Microsoft Edgeブラウザには、すでにPDFリーダーが組み込まれており、外部リーダーを使用せずにそのファイル形式のドキュメントを読むことができているが、2023年3月以降、新たに明らかになったAdobeとの契約により、Edgeには新しく改良されたPDF機能が多数追加される予定だという。

Microsoftによる本日の発表によると、3月からEdgeにAdobe Acrobat PDFエンジンをブラウザの内蔵リーダー内に追加するとのことだ。この追加により、Windows 10および11のEdgeユーザーは、より優れたテキスト選択と読み上げナレーションを含む、数多くのPDF機能が利用できるようになる。また、現在のPDFファイルに、より正確な色とグラフィックが追加され、全体的にセキュリティとパフォーマンスの機能が向上するとのことだ。

Microsoft Edgeで、PDFの他のファイル形式への変換や完全な編集機能など、さらに多くのPDF機能を利用したい場合は、Adobe Acrobatのサブスクリプションを購入することができる。これはEdgeブラウザー内で処理できるため、ユーザーはアップグレードのためにEdgeブラウザーから離れる必要がなくなる。

Microsoftは、新しいPDFリーダーを段階的に追加する予定であり、IT管理下のPCを対象に3月からオプトインで選択できるようにする。最終的に、Edgeに搭載されている現行のPDFリーダーは、2024年3月には廃止される予定とのことだ。

ChatGPTの機能が追加されることと合わせて、Edgeがより魅力的なブラウザとなりそうだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする