あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Microsoft、生成AIを活用した消しゴム機能をWindowsフォトアプリに追加

11月、MicrosoftはInsiderプログラムのメンバー向けにWindowsフォトアプリの新バージョンをリリースし、その中で「Generative erase」と呼ばれる生成AIによる新機能を披露した。

この新機能は、リリース・プレビュー・チャンネルのWindows 10 Insidersを含む、Windows Insider Programの全メンバーが利用できる。写真アプリをバージョン2024.11020.21001.0以上にアップデートする必要がある。

Windows Insiderブログの投稿で、Microsoftは次のように述べている:

私たちのよく知られたスポット修正ツールは、AIの助けを借りてブーストを受け、アプリでGenerative eraseとして知られるようになりました。この機能は、背景のオブジェクトや雑多な視覚的な乱雑さのような、あなたの写真から気晴らしを修正し、削除することができます。スポット修正と比較して、Generative eraseは、写真からオブジェクトが消去された後、よりシームレスでリアルな結果を作成します。

2 Photo GenErase MarketingBlog 01

この機能は、画像編集機能をタップまたはクリックすることで利用できる。その後、消去オプションを選択して、Generative eraseの使用を開始することが可能だ。Microsoftは、ユーザーがマスクを追加または削除できるように、アプリで自動適用をオフにすることができると付け加えている。これにより、アプリは写真内の複数のオブジェクトを一度に削除できる。

3 Photo GenErase MarketingBlog 02 1024x645 1

新しいGenerative erase機能に加えて。Microsoftはまた、ぼかし、削除、背景の置き換え機能を含む、最近の写真のAI編集機能のすべてが、Arm 64デバイス向けのWindows 11で利用可能になったことを明らかにした。これはWindows 10を使っている人も同様だ。最後に、写真アプリの新バージョンには、 “安定性の修正と改善 “がいくつか含まれている。これらの新しいAI編集機能がいつWindows Insider Programの外に含まれるようになるかは不明だ。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする