Microsoft 365 Copilotを月額30ドルで企業顧客向けに一般提供開始

masapoco
投稿日 2023年11月2日 7:01
M365Copilot HeroBanner Apps BLOG FEATURE

MicrosoftはAIベースの生産性向上サービス「Microsoft 365 Copilot」を一般企業向けに提供開始した事を発表した。このサービスは、Word、Excel、PowerPointなどのアプリに生成AI機能を追加するもので、1ユーザーあたり月額30ドル(年額プランの場合)で利用できる。

ただし、ほとんどの人はすぐに手に入れることはできない。本日よりMicrosoft 365 Copilotを購入できるのは、Microsoft 365 E3およびE5の商用契約者のみであるため、まだOffice 365プランを利用している一部のユーザーや、Microsoft 365 Business StandardおよびBusiness Premiumの契約者は除外される。

Microsoftはブログ投稿で、現在Microsoft 365 E3およびE5を利用している企業顧客は、Microsoft 365 Copilotの機能の1つであるBing Chat Enterpriseチャットボットを本日から利用できると述べた。

Microsoft社によると、このサービスは現在以下の言語に対応している:

  • 英語 (US, GB, AU, CA, IN)
  • スペイン語 (ES, MX)
  • 日本語
  • フランス語 (FR, CA)
  • ドイツ語
  • ポルトガル語(BR)
  • イタリア語
  • 中国語簡体字

2024年前半には、さらに多くの言語に対応する予定だ。

Microsoftはまた、2024年夏に政府顧客向けにMicrosoft 365 Copilot GCCを発売する予定だ。今のところ、消費者向けバージョンをいつ発売するかは不明だ。

さらにMicrosoftは本日、Microsoft 365のYouTubeチャンネルに、CopilotがWord、Excelでどのように機能し、ユーザーが文書を作成・編集するのに役立つかを紹介するビデオを数本追加している。

CNBCのレポートで、Piper SandlerのアナリストBrent BracelinとHannah Rudoffは、Microsoft 365 Copilotの開始により、2026年までに100億ドルもの年間売上が同社に加わる可能性があると予測している。この数字は、対象となるユーザーの18%が実際にCopilotを利用することを想定している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 20231027130950
    次の記事

    地球の奥深くに古代の異世界の痕跡が見つかる

    2023年11月2日 10:26
  • 前の記事

    M3チップシリーズはM2のより上位のチップに匹敵する性能を示す

    2023年11月2日 12:42
    Apple M3 chip series 231030

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事