MetaのARグラスは2024年以降の発売に延期されたとの報道

masapoco
投稿日
2022年6月10日 16:06
facebook metaverse google 2

Metaが2024年の発売を目指して開発を進めているARグラスだが、延期を決定したことが、The Informationにより報じられた。

Metaが最初のスマートグラスを2024年頃を目標として開発していることは以前から伝えられていた。直近の噂によると、このスマートグラス「Project Nazare」は黒いフレームのメガネに似ているが、重量が100gもあり、それ単体では処理能力が低く、スマートフォン型のデバイスにワイヤレスで接続して演算/処理するものとのことだ。カスタムOSのプロジェクトが廃止されたため、OSはAndroidを基本とした物になる。

The Informationによると、このNazareは市販されず、あくまで “デモ製品 “になるとのことだ。また、開発の遅れから、Metaの目下の目標はNazareの次、第2世代ARグラス、コードネーム「Project Artemis」に向けられている。Nazareの次世代機は2年後に “より軽く、より高度なデザイン”で登場すると言われていた。

現在の噂では、Googleは2024年にMRヘッドセットを発売すると予想される。MetaのCambriaAppleのヘッドセットも、その頃には発売されている可能性が高い。だが、拡張現実の真のフォームファクターはメガネ型端末だろう。Googleからのデバイスの噂はまだ出てきていない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • fb72ecc496d15b1494662baf793ba87f
    次の記事

    AMDが2024年までのCPUコア・ロードマップを公開 – 3nm世代のZen 5の概要も明らかに

    2022年6月11日 7:18
  • 前の記事

    Appleが15インチMacBook Airと12インチMacBookを計画との報道

    2022年6月10日 15:44
    Apple WWDC22 MacBook Air 4up colors hero 220606
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • eu flags

    Apple、Google、Metaが欧州デジタル市場法違反により調査を受け、高額な罰金の可能性

  • data center

    Meta、24,000個のNVIDIA H100 GPUを用いた“AI特化”データセンターの詳細を公開

  • Samsung HQ Image

    MetaはTSMCへの依存度を減らすためにSamsungへの製造依頼も選択肢に入れている

  • パッケージイメージ

    Zuckerberg氏がVision Proをレビュー「やはりQuestが最高の製品だ」」

  • meta quest 3 lego

    Zuckerberg氏がVision Proをレビュー「やはりQuestが最高の製品だ」」

今読まれている記事