あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Metaが2024年の発売を目指して開発を進めているARグラスだが、延期を決定したことが、The Informationにより報じられた。

Metaが最初のスマートグラスを2024年頃を目標として開発していることは以前から伝えられていた。直近の噂によると、このスマートグラス「Project Nazare」は黒いフレームのメガネに似ているが、重量が100gもあり、それ単体では処理能力が低く、スマートフォン型のデバイスにワイヤレスで接続して演算/処理するものとのことだ。カスタムOSのプロジェクトが廃止されたため、OSはAndroidを基本とした物になる。

The Informationによると、このNazareは市販されず、あくまで “デモ製品 “になるとのことだ。また、開発の遅れから、Metaの目下の目標はNazareの次、第2世代ARグラス、コードネーム「Project Artemis」に向けられている。Nazareの次世代機は2年後に “より軽く、より高度なデザイン”で登場すると言われていた。

現在の噂では、Googleは2024年にMRヘッドセットを発売すると予想される。MetaのCambriaAppleのヘッドセットも、その頃には発売されている可能性が高い。だが、拡張現実の真のフォームファクターはメガネ型端末だろう。Googleからのデバイスの噂はまだ出てきていない。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする