Meta、Cambridge Analyticaに関連したプライバシー訴訟で7億2500万ドルを支払い和解へ

masapoco
投稿日 2022年12月24日 10:59
meta facebook logo

2018年、Facebook(現Meta)は、英国の政治コンサルティング会社Cambridge AnalyticaがFacebookを通じて数百万人のプライベートユーザーデータを本人の同意なく採取していたことに関連し、集団訴訟を起こされていたが、今回Metaは7億2500万ドルを支払って和解することになった

MetaはCambridge Analyticaスキャンダルに関する長年の集団訴訟を解決するために7億2500万ドルを支払うことに同意した事が、Reutersによって報じられた。7億2500万ドルの和解金は、Metaが民間の集団訴訟解決のために支払うことに合意した最高額であり、データプライバシー集団訴訟における金銭的返還額としてもこれまでで最大となるものだ。ただし、Metaは、和解の一環として、いかなる不正行為も認めていないという。

この事件は、当時の政治コンサルタント会社Cambridge Analyticaが、第三者企業を使って “性格診断”という名目でFacebookユーザーの個人データを収集した2014年にまでさかのぼる。

同社が採取したデータは、Donald Trump氏の2016年大統領選挙を支援するために、米国のFacebookユーザーのプロファイリングとターゲティングに使用されることを意図していたものだ。

この事件は2018年にThe GuardianThe New York Timesの調査によって発覚し、約5000万人のFacebookユーザー(後に8,700万人と判明)から個人データが収集されていたことが明らかになった。この発覚により、複数の訴訟や#deletefacebookキャンペーンが行われた。

データを取得されたFacebookユーザーが代表して、集団訴訟が起こされた。Facebookは以前、同社に対するFTCの訴訟を解決するために50億ドルを支払い、さらにデータ使用についてFacebookの投資家を誤解させたとして、米国証券取引委員会の訴訟を解決するために1億ドルを支払ったばかりだった。

今回の結果を受けて、原告側の弁護団はこう述べている。

Facebookが、ユーザーは問題の慣行に同意しており、クラスは実際の損害を被っていないと主張したことを考えると、この回復額は特に顕著です。原告はこれらの特徴に異議を唱えていますが、この斬新で複雑なケースで多大なリスクに直面したことは認めています。原告によって得られた金銭的救済に加え、Facebookは、それらの事実を知る2人のFacebook従業員の宣言に示されるように、原告の主張の原因となった慣行を実質的に変更しました。

重要なのは、この訴訟が始まって以来、Facebookは、第三者が友達を通じてユーザーに関するデータにアクセスすることを止め、第三者がFacebookユーザーの情報を取得し使用する方法を制限し監視する能力を有意に強化し、Facebookが収集し共有する情報をユーザーに伝えるためのより強力なツールを開発したことです。

和解の対象となるのは最大2億8000万人の米国のFacebookユーザーで、原告側の弁護士が7億2,500万ドルから25%の報酬を得た後に分配されるため、1人あたりの分け前は少なくなるだろう。

なお、Cambridge Analyticaは、メディアや規制当局の激しい圧力や監視を受け、2018年に倒産しているす。Metaこの訴訟を解決したが、同社とその関係者(Mark Zuckerberg CEOを含む)は、この話題について、その他多くの訴訟に直面しており、この問題はまだ収束したわけではない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • gb1101
    次の記事

    プラスチックごみから作られた燃料で走る1,100馬力のハイパーカー GB110 を Bertone が公開

    2022年12月24日 11:22
  • 前の記事

    リークされた「Titan Ada Lovelace」は“完全な偽物”と著名リーカーが指摘

    2022年12月24日 7:26
    NVIDIA TITAN RTX ADA MLID 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事