あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州委員会(EC)は、TikTokが先日施行された欧州デジタルサービス法(DSA)に準拠しているかどうかを公式に調査していることを明らかにした。同委員会は、このショート動画アプリが未成年者の保護に十分な措置を執っておらず、未成年者が容易に保護フィルターをかいくぐり、有害コンテンツにアクセすることを可能にしていると主張している。

この調査では、未成年者の保護、広告の透明性、研究者へのデータアクセス、依存症的なデザインと有害コンテンツのリスク管理に焦点を当てている。

欧州委員会のThierry Breton欧州委員(域内市場担当)はプレスリリースの中で、「我々は子供たちを守るための努力を惜しんではならない。未成年者の保護はDSAの最優先事項である」と、述べている。

DSAは、オンラインのガバナンスとコンテンツのモデレーションに関する規則集であり、2024年2月16日土曜日から数千のプラットフォームやサービスに広く適用されている。しかし、昨夏から、TikTokのような大規模なプラットフォームは、アルゴリズムの透明性やシステムリスクなどの分野で追加の要件に直面しており、現在これらの規則の下で調査されている。

DSA違反が確認された場合、罰則として世界全体の年間売上高の最大6%と言う巨額の制裁金を課される可能性がある。

TikTokは、昨年12月にDSA違反の可能性があるとして捜査の対象となったX(別名Twitter)に続き、2つ目のプラットフォームとなった。Xは昨年10月、イスラエル/ハマスの偽情報の拡散を阻止していないという非難を受け、ダーク・パターンや偽情報の疑いで追加調査を受けている。両者とも、9月に透明性報告書を提出した後、精査を受けている。ECは、広告の透明性や研究者のためのデータアクセスが十分に提供されていないなど、予測可能な点についてDSAの厳しい基準を満たすことができなかったとしている。

今回はTikTokの若いユーザー層が、ECのプラットフォーム調査の焦点となっているようだ。EUはTikTokのコンテンツガバナンスと安全性へのアプローチに懸念を抱いていたが、これは大規模なプラットフォームにDSAが適用される前からのことである。欧州委員会は、子供の保護やデマのリスクを含む分野でTikTokから情報を要求するなど、数ヶ月にわたる情報収集を行い、その結果として今回の措置が行われた。

「何百万人もの子供やティーンエイジャーにリーチするプラットフォームとして、TikTokはDSAを完全に遵守しなければならず、オンライン上の未成年者保護において果たすべき特別な役割がある。我々は、ヨーロッパの若者の身体的・精神的な幸福を守るための適切な措置を確実に取るため、本日、この正式な侵害訴訟を開始する」と、Breton氏は述べている。

EUがこれらの徹底的な調査を結論づける正式な期限はない。これは「事件の複雑さ、関連企業の協力の程度、および防衛権の行使」など、いくつかの要因に依存する。

委員会のプレスリリースによると、TikTokのDSA義務への準拠に関する調査は、システムの設計、特にアルゴリズムから生じる「実際または予見可能な否定的影響」を検討する。EUは、TikTokのUXが「行動依存を刺激し、いわゆる『rabbit hole effects(ウサギの穴効果)』を生み出す可能性がある」と懸念している。

「このような評価は、個人の身体的および精神的な幸福への基本的権利、子供の権利の尊重、および過激化プロセスへの影響に対する潜在的なリスクを対処するために必要である」とさらに述べている。

同委員会はまた、TikTokが不適切なコンテンツへのアクセスから子供たちを保護するために設置した緩和策、特に年齢確認ツールが「合理的、比例的、および効果的でない可能性がある」と懸念している。

したがって、ブロックはTikTokが「未成年者の高いレベルのプライバシー、安全性、およびセキュリティを確保するための適切かつ比例的な措置を講じるDSA義務」に準拠しているかどうかを検討する。

また、EUの調査は、TikTokがプラットフォームで実行される広告のために「検索可能で信頼性のあるリポジトリ」を提供するDSA要件を満たしているかどうかを評価する。

また、透明性に関して、委員会は、TikTokが研究者にEUでのシステムリスクを研究するためにプラットフォーム上の公開データへのアクセスを提供するという「疑わしい不足」に関する調査を行っていると言う。このようなデータアクセスは、DSAの第40条によって義務付けられている。

デジタル担当副委員長のMargrethe Vestagerは「欧州のオンラインユーザーの安全と幸福は極めて重要である。TikTokは、提供するサービスを注意深く見直し、ユーザーにとって構成するリスクを慎重に検討する必要がある。委員会は今、偏見なしに徹底的な調査を行う」と、声明で述べている。

調査が開始されると、EUの執行機関は、正式な手続きが終了する前に暫定措置を取ることができるなど、より広範なツールボックスにアクセスできるようになる。

EUはまた、問題を解決することを目的とした調査中のプラットフォームによって提供されたコミットメントを受け入れることがある。

DSAのアルゴリズムの透明性とシステムリスクの規則の対象となるプラットフォームは20以上あり、これらは地域で月間4500万人以上のアクティブユーザーを持つプラットフォームとして定義されている。

TikTokの場合、プラットフォームは昨年、EUで1億3590万人の月間アクティブユーザーを持っているとEUに通知している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする