Meta、「Quest Pro」の生産を早々に終了し、次世代機も開発中止か

masapoco
投稿日
2023年7月21日 12:04
meta quest pro 31

Metaは昨年、同社の技術の粋を集めて開発した「Quest Pro」 VRヘッドセットを発売した。20万円超えという高額な価格設定もあり、Quest 2で見られたような高い販売数は見込まれなかったが、実状はMetaにとって苦しい物のようで、同社は既にこのヘッドセットを見限っているようだ。

The Informationによると、MetaはプレミアムVRヘッドセットを諦めようとしているようだ。同レポートによると、Metaは年初にサプライヤーに対し、Quest Proのために新しいコンポーネントは必要ないと伝えたという。さらに、MetaのQuest ProメーカーであるGoertekは、供給可能な限りユニットを製造すると述べている。

MetaがキャンセルするのはQuest Proだけではない。今年初め、同社はQuest 3に加えて2つのヘッドセットを開発していることを明らかにした。そのうちの1つはQuest 3のより手頃な価格のバージョンで、もう1つはLa Jollaというコードネームのより高度なデバイスになると予想されている。La JollaはQuest Proの後続機と考えられているが、Meta社はこの第2世代ハードウェアの開発を中止したと伝えられている。

Quest Proは226,800円という価格で発売され、その高額さに多くの人が反発した。その重さ、不快な装着感、貧弱なソフトウェアで不評を買った後、Metaはより手頃な価格のVR機器に力を入れ直したいと考えているようだ。

Quest 3は、より薄いレンズ、より高い解像度、より強力なプロセッサー、複合現実感機能など、Quest 2よりも大きな改良が施される見込みだ。Quest 3の発売日はまだ決まっていないが、発売時期は2023年秋となっている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • amazonone 2
    次の記事

    Amazon、手のひら認識決済システム「Amazon One」を米国内で本格的に全国展開へ

    2023年7月21日 12:24
  • 前の記事

    新たな研究から、地震発生の2時間前に予報が可能になるかも知れない事が示された

    2023年7月21日 11:34
    earthquake
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • eu flags

    Apple、Google、Metaが欧州デジタル市場法違反により調査を受け、高額な罰金の可能性

  • data center

    Meta、24,000個のNVIDIA H100 GPUを用いた“AI特化”データセンターの詳細を公開

  • apple vision pro displays

    まだVision Pro向けの最高の動画を撮影出来るカメラは存在しない

  • Samsung HQ Image

    MetaはTSMCへの依存度を減らすためにSamsungへの製造依頼も選択肢に入れている

  • Apple Vision Pro availability back angle

    Apple Vision Proの出荷が予想以上に好調のためAppleは生産能力を拡大している模様

今読まれている記事