M3 MacBook Airはファンレス設計のためM3 MacBook Proよりも25%以上性能が低下する

masapoco
投稿日
2024年3月10日 7:24
Apples 15 inch M3 MacBook Air throttles hard 1

M3 MacBook Airが登場したことで、M3 MacBook ProとM3 MacBook Airのどちらを購入するか迷う方が増える事が予想されるが、同じチップを搭載していても、冷却ソリューションの差により大きな差が出ることは認識しておいた方が良いだろう。それは性能面だけではなく、実際の使用シーンでの不快感にも繋がるものだ。

Appleの最新MacBook Airは13インチ及び15インチのどちらもファンレス設計となっている。これはその特徴でもある薄型の筐体を実現することや、静音動作に繋がるが、一方でパフォーマンス上でのデメリットも伴う物だ。

M3 MacBook Airでは内部の最も熱いコアが摂氏114度を何度も記録し、負荷がかかると、CPUとGPUの平均温度はそれぞれ107度と103度でピークに達したという。その結果、筐体自体も最も熱いところで摂氏46度を記録し、実使用では不快なレベルにまで達したようだ。

ここまでの高温はもちろんプロセッサの故障に繋がる可能性もあり、M3 MacBook Airはストレステスト中、周波数と消費電力を徐々に下げていった。

そして、これは処理能力の低下を意味する。M3 MacBook Air 15インチとM3 MacBook Pro 14インチを3D Mark Wildlife Extreme Stress Testで比較したところ、以下のようにMacBook Proよりも26%低下するという顕著な差が出ている。

M3 MacBook Airは確かにオーバーヒートし、信じられないほど高温になるが、実際にこうしたストレスのかかる高度な処理を継続的に行う事を想定した物ではないことには注意が必要だろう。オフィスツールや簡単な写真編集程度ならば十分なパワーを有しているが、高度な動画編集を多用するような、高いパフォーマンスを継続して維持するには、MacBook Proが必要になる。ここら辺が選択のポイントになるかも知れない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • nvidia rtx 4000
    次の記事

    NVIDIAの次世代GeForce RTX 50XX Blackwellは現行世代と同じメモリインターフェースになるかも知れない

    2024年3月10日 7:58
  • 前の記事

    M3 MacBook AirではベースモデルのSSDが大幅に高速化されている

    2024年3月10日 6:51
    Apple MacBook Air 2 up hero 240304
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事