あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

M2 UltraのGeekbenchスコアが公開、M1 Ultraより16%高いマルチスレッド性能を発揮

先日登場したばかりの24コア構成M2 Ultraを搭載したMac Studioが、早速Geekbenchでテストされ、その直接の前身であるM1 Ultraよりも18%高速であり、Intelの24コアCore i9-13900Kをマルチコアスコアでわずかに上回り、AMDの16コアRyzen 9 7950Xに対しても高いリードを獲得している事が明らかになった。

FireShot Capture 099 Mac1414 Geekbench browser.geekbench.com
M2 Ultra
m1 ultra benchmark
M1 Ultra

ただし、テストは、最新のGeekbench 6では行われず、Geekbench 5の結果となっている点には注意が必要だ。AppleはTSMCの5nmノードにこだわったため製造プロセスを変更せずにM2 Ultraを開発したが、それでも順当に性能を伸ばせたのは素晴らしいと言えるだろう。

比較のために、AppleのM2 Ultraはマルチスレッドでは勝利したが、シングルスレッドワークロードでIntelのCore i9-13900Kには勝利できなかった。AMDのRyzen 9 7950Xにもシングルスレッドでは勝利できなかった。

これらは、どちらかといえばデスクトップ用途のCPUであり、Mac ProやMac StudioがターゲットとしているワークステーショングレードのXeon WやRyzen Threadripper Proと比較した場合は、マルチスレッド性能では、M2 Ultraはこれらに全く及ばない。

そしてまた、これだけの計算能力を搭載したAMDとIntelのワークステーション・プロセッサーは、最も要求の厳しいワークロードにも対応できるように設計されている。とはいえ、AppleのMac Proが、ワークステーション用途でAMDやIntelのCPUを搭載したワークステーションに実際に勝てるかどうかは、登場してみてからの判断になるだろう。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする