あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

本日2022年7月15日発売の新たにM2チップを搭載した新型MacBook Airの先行レビューがいくつか海外メディアで行われているのでご紹介しよう。薄型化に伴い加熱の心配があることと、一部SSDではM2 MacBook Proと同じく速度の低下が見られるようだ。

海外メディアによるレビューまとめ

The Verge

新しいディスプレイも明るくなっています—明るさは、ハイエンドのMacBook ProモデルのミニLEDスクリーンで得られるものほど印象的ではなく、黒のレベルと全体的なパンチの効いたものは、これらのディスプレイに匹敵するものではありません。また、これらのモデルが恩恵を受けるスムーズなスクロールのためのProMotionの高いリフレッシュレートもありません。

しかし、新しい画面は以前に利用可能だったものよりも大幅に改善されており、13インチMacBookProに搭載されているものよりも優れています。特に、私のようにWebブラウザーやドキュメントに多くの時間を費やしている場合は、より広く、窮屈さが少なく、作業がより快適になります。

The Verge

The Vergeによると、M2 MacBook Proと同じように、ベーシックモデルの256GB SSDではM1 MacBook Airに比べてSSDの転送速度が半分になっているようだ。

13インチMacBook Pro M2のベースモデルと同様に、ベースAirの256GBのストレージは、M1モデルや512GB以上のストレージを持つ新しいM2モデルのように2つのNANDチップではなく、1つのNANDチップに保存されているそうです。そのため、ストレージのパフォーマンスは旧型のM1 Airの半分程度となり、大きなファイルをコピーしたり、8GBのRAMを最大にしてスワップメモリを使わせるほどマルチタスクをしたりすると、必ず動作が遅くなるのです。これは残念な結果で、私が安心して勧められるのは1,500ドルからのモデルだけということになります。

The Verge

ちなみに、上記SSDの速度低下の問題についてAppleは以下のように述べているとのこと。

M2の性能向上により、新しいMacBook Airと13インチMacBook Proは、強力なM1チップを搭載したMacラップトップと比べても、驚くほど高速です。これらの新しいシステムでは、1つのチップで256GBのストレージを実現する、より高密度の新しいNANDを使用しています。256GB SSDのベンチマークでは前世代と比較して差が出るかもしれませんが、実世界での活動に対するこれらのM2ベースのシステムの性能はさらに高速です。

AppleのスポークスマンMichelle DelRio氏

The Vergeでは、M2 MacBook Airの薄型ボディから来る冷却性能の差が、M2 MacBook Proとの実際の性能で差に表れていることを指摘している。

私のベンチマークテストでは、特に顕著な差はないものの、どのテストでもM2 AirがM1モデルを上回りました。ただし、M2 AirはMacBook Pro M2よりも明らかに遅いです。M2 Airは、より厚い筐体と、30分間のCinebench 23マルチコアベンチマークのような長時間の重いワークロードでチップを冷却するためのファンを装備しています。AirはM2チップに送る電力をすばやく絞り込み、温度を管理しやすい状態に保つために速度を抑えます。それでも、これらのテストでは、コンピュータの底面がかなり暖かくなります。M2 Air のファンレス設計は、通常のワークロードには最適で、静音コンピュータを実現しますが、より激しいワークロードの場合には、システムの足かせになります。

Shadow of the Tomb Raider」ベンチマークなどでは、M1 Airよりもスコアが高いものの、GPUコア数が同じにもかかわらず、M2 Proの結果には及ばないなど、M2 Airのグラフィックス向上は、熱設計にも阻まれる形となっています。

The Verge
FireShot Capture 013 Apple MacBook Air M2 2022 review a whole new Air a The Verge www.theverge.com
The VergeによるM1 MacBook Air、M2 MacBook Air、M2 MacBook Proのベンチマークテスト(出典:Ther Verge)

TechCrunch

インカメラは改善が見られるが、あくまでもノートパソコンの付属といったレベルには変わりないようだ。

ウェブカメラも720から1080pにアップグレードされ、リモートワークの多いこの時代には嬉しい機能です。色合いや鮮明さが向上し、全体的にノイズも少なくなっています。上の写真でおわかりのように、13インチはバックライトにとても苦労しているんです。天井の照明が顔に当たってまぶしいんです。これは、新しいセンサーと、新しいチップでの画像処理の改善によるものです。

それでも画質はよくありません。仕事用のズームレンズとして使う分にはまったく問題ありませんが、外に向けて発信するときは、毎回外付けのカメラを選ぶことにしています。僕の場合、Opalのウェブカメラか、iPhoneにドッキングしてVenturaの新機能であるContinuity Cameraを使うということになる。後者については、iPhoneの重量をAirの蓋の上に載せることが長期的に可能なのか、特にヒンジが小さくなっていることに疑問を持っています。この点については、しばらく様子を見るしかないでしょう。

TechCrunch

再設計されたボディは、より薄いロジックボードと相まって、より多くのバッテリーを搭載することができます。Airは49.9Whから52.6Whにアップグレードされています。しかし、全体的に見ると、表記されているバッテリー駆動時間は変わりません。Apple TVでビデオをストリーミング再生し、輝度を50に、サウンドをオンにした状態で、17時間強のビデオ再生ができました。これなら、どんなフライトでも乗り切れるはずです(ニューヨークからシンガポールへ飛ぶなら、90分の仮眠が必要かもしれません)。興味深いことに、新しいMagSafeの色に加え、Appleは電源ブリックで何か違うことを試みています。8コアGPUを搭載した標準モデルを購入すれば、標準の30W USB-C充電器が手に入ります。

TechCrunch

キーボードは最近のMacBookと同じで、数年前と比べると格段に良くなっています。Touch Barが廃止され、使い慣れたファンクションキーが並ぶようになりました。このファンクションキーは、キーボードがないと困るまで、どれだけ寂しい思いをするかに気づかないものです。しかし、このデバイスはTouch IDを維持しており、現実的に考えて、Touch Barの最も良い部分はとにかくそれでした。

TechCrunch

一方、M2 Airは、そのバランスがとれています。薄くて軽く、ラインアップの中でも最高の新機能を備え、日常的な使用には過剰にならない程度に、ほとんどのニーズに対応できる十分なパワーを誇ります。多くのユーザーにとって最適なMacBookであり、何年も前にAirが多くのユーザーの心をつかんだ理由を思い出させてくれる、あたたかな製品です。

TechCrunch

Engadget

MacBook Airを初めて手にした時、ラップトップというより、キーボードを内蔵したiPadのような印象を持ちました。面白いのは、Smart Keyboardを合わせると約3ポンドになる12.9インチのiPad Proよりも、実は携帯性に優れていることです。iPad Proは常に、真にポータブルなコンピューティングの未来的な理想像として位置づけられてきましたが、その重さは13インチのMacBook Proと同じであることがわかりました。またしても、質素なAirが勝利を収めました。

Engadget

13インチProはより大きなバッテリーを搭載しており、ベンチマークでは17時間5分持ちました。一方、Airは16時間30分でした。DellのXPS 13など、ほかのウルトラポータブルPCと比較しても遜色ないレベルです。Appleは、USB-Cポートが2つあるもの(他のデバイスの充電用)や、高速充電用の67Wアダプタなど、さまざまな電源アダプタも用意しています。

Engadget

全体的な評価として、パフォーマンスの向上は評価できるが、価格の向上を許容できるかと言ったところだろうか。また、M2チップを搭載しているとは言え、冷却性能の差から、より重いワークロードを実行する機会が多いのならば、価格的にもあまり変わらないM2 MacBook Proと言う選択肢もありそうだ。また、より安価なプランとして、M1 MacBook Airも並行して販売されるので、予算に応じて選択肢が広がったのは歓迎すべきだろう。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする