あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、2023年初頭にARヘッドセットを発売する可能性があり、第2世代モデルは2024年に発売するとの新たな情報だ。ただし、以前のうわさでは、Appleが手頃な価格となる第2世代モデルを発売するのは2025年と言われていた。

ETNewsの新しいレポートによると、Appleは2023年初頭にARヘッドセットを発売するとうわさされているとのことだ。しかし、先日Ming-Chi Kuo氏によって、Appleは2024年ではなく2025年に第2世代モデルを発売すると報告されていた。とはいえ、両者共に、第1世代モデルの発売が2023年初頭になるという点は一致しているようだ。

これ以外にも、サプライヤーが今年の第4四半期にAppleのARヘッドセットの量産を開始する準備をしていることも伝えられている。これが意味するところは、2023年初頭に予想される発売に先駆けて、大量生産が開始される可能性があるということだ。ただし、このレポートでは、最初の生産は大規模なものにはならないだろうとも言及している。つまり、最初のモデルは高額であり、一部の熱心なユーザーやプロユースとして提供されるため、製造数が限られるとのうわさと一致している。

期待できることとして、これまでの報道では、AppleのARヘッドセットは、SonyとLGのマイクロ有機ELディスプレイを搭載し、薄型であると同時に電力効率に優れていることが示唆されている。このほか、ヘッドセットには3つの3Dセンシングモジュールと中・低レベルのカメラが搭載される予定だ。

Appleは、コンテンツ、ユーザビリティ、携帯性などを参考に、Meta、Google、SonyなどのARヘッドセットとの差別化を図ろうとしている。Samsungとしては、AppleのARヘッドセットに対する市場の反応をじっくりと観察していくことになるだろう。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする