あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、iOS 16.1の最初のベータ版を開発者とパブリックベータテスターにリリースした。最新のベータ版ビルドは、同社がiOS 16を一般公開してすぐに公開された。このアップデートは、iOS 16の初期リリースでは、いくつかの機能が省かれていたが、今後、同社は機能を更新した次期iOS 16.1をリリースする予定だ。

iOS 16.1ベータ版が公開

Appleは、iOS 16.1 第1弾ベータ版をデベロッパーとパブリックベータテスターにリリースしており、Apple Developer Centerから今すぐ対応iPhoneモデルにインストールすることができる。最新ビルド導入された新機能は以下の通りだ。

iOS 16.1の最新機能

  • iOS 16.1 ベータ1では、ロック画面から壁紙設定を調整できる新しいホーム画面カスタマイズツールが追加された。
  • スマートホーム規格「Matter」の秋の発売が迫っていることを示す、Matterアクセサリのサポート。
  • iOS 16.1では、設定アプリケーションのバッテリーセクションに「クリーンエネルギー充電」を有効にするトグルが追加され、二酸化炭素排出量の少ない電気で二酸化炭素排出量を削減することができるようになった。
  • iOS 16.1のベータ版にはLive Activities APIも組み込まれており、デベロッパーはテストや統合の目的で使用することができる。
  • ホーム画面からWalletアプリを削除・消去する機能。
  • iOS 16.1 beta 1では、iPhoneの追加モデルでステータスバーにバッテリーのパーセンテージも追加されます。例えば、今度のアップデートでは、iPhone 13 miniでステータスバーにバッテリーのパーセンテージが表示されるようになる。
  • スクリーンショットのUIは、スクリーンショットを削除するオプションなど、更新されたインターフェイスを搭載する予定だ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする