あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Linux Kernel 6.2がリリース

Linus Torvalds氏は、Linux 6.2カーネルを安定版としてリリースした。これは、2023年最初のメジャーカーネルリリースとなる。

Linux 6.2はLinux 6.1の後継として、少なくとも2026年末までメンテナンスされる2022 LTS カーネルとなる。Linux 6.2 の修正の多くは Linux 6.1 にバックポートされ、まだ長期サポートカーネルに採用されていないものは Linux 6.1 に採用されることが予想される。

Linux 6.2 の機能は、Intel、AMD、Google、Red Hat などの同業者による全面的な取り組みと、いつものようにたくさんの改良が見られる。Linux 6.Intelのオンデマンドドライバは、第4世代のXeon Scalable “Sapphire Rapids” CPUに対応し、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ “Ampere”アクセラレーショングラフィックスにNouveauオープンソースコードで初期サポートを提供している。Apple M1 Pro / M1 Max / M1 Ultraのサポートがアップストリームされ、IBRSを有効にするよりもRetbleedの方が低コストであるという観点から、古いIntel Skylake時代のPCのパフォーマンスを支援するCall Depth Trackingがマージされ、様々なファイルシステムドライバの強化、セキュリティの改善などが行われている。

Linux 6.2 のサイクルは、クリスマスや年末年始の休暇と重なり、多くの開発者やテスターが年末のイベントのために仕事を休んだため、1週間余計に長くなった。しかし、Linux 6.2 がリリースされた今、これからはLinux 6.3 のサイクルを開始する時だ。

Torvalds氏は、カーネルのバージョン6.3に向けた作業を速やかに進めてくれた開発者に感謝の意を表した。

「私はすでに30以上のプルリクエストをキューに入れ、本当に感謝しています。私は、人々が “ready for the merge window “の全体を心に留めておくようになったことが好きです」と、彼は書いている。

Linux 6.3のアップデートの中には、NVIDIA BlueField 3 DPUのイーサネットドライバのサポートが含まれており、これはアクセラレータにとって重要なイネーブラーだ。また、Qualcomm社のSnapdragon 8 Gen 2のサポートも予定されている。

さらに、Linux6.3 では、アナログ TV と NSTC および PAL 規格で定義されている525ラインまたは625ラインのディスプレイのサポートが改善されている。

Linux 6.2 は、4月下旬に後続の v6.3 カーネルがロールアウトする前に、Ubuntu 23.04 のデフォルトカーネルとなり、また Fedora 38 などに搭載されると見られる。

新しいカーネルは、独自のカーネルビルドをローリングする人のために kernel.orgからダウンロードすることが可能だ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする