あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple初のペリスコープレンズ搭載カメラはiPhone 15 Pro Max限定か

Appleは9月にはiPhone 14シリーズを発表すると見られているが、気の早い人々の間では、既に来年の2023年のiPhoneのモデルについての噂が聞こえてきている。とはいえ、iPhone 15についての情報はまだ多くはもたらされておらず、全てのモデルで画面のノッチがなくなることと、カメラにペリスコープレンズが搭載されることが大きくクローズアップされているが、後者についてiPhone 15 Pro Maxだけが新しいレンズを採用される可能性が高いことを、アナリストMing-Chi Kuo氏は報告している。

iPhone初のペリスコープレンズ

ペリスコープレンズは、レンズから入ってきた光をプリズムによってカメラセンサーに対して90度の角度で曲げて複数のレンズを光が通過することを可能にする。これにより、レンズの長さが望遠レンズよりもはるかに長くなり、光学ズーム性能が大きく向上する。

iPhone 13 Proモデルの望遠レンズは、光学3倍ズームとデジタル15倍ズームのみだが、SamsungのGalaxy S22 Ultraはすでにペリスコープレンズを搭載しており、10倍の光学ズームと最大100倍のデジタルズームを可能にしている。AppleはiPhoneにペリスコープレンズを搭載する計画があると報じられているが、この機能は限定したモデルに搭載されるようだ。

Kuo氏によると、新しいペリスコープレンズは、より大きく高価なiPhone 15 Pro Maxのみに搭載され、iPhone 15 Proは、これまで通りの光学ズーム用の通常の望遠レンズのままとなるとのことだ。iPhone 15 Pro Maxに搭載される望遠カメラは、12メガピクセルの1/3インチセンサー、絞りはF2.8、センサーシフトによる手ぶれ補正、最大6倍の光学ズームを搭載しているとのことだ。

ペリスコープレンズの搭載は、2024年発売のiPhone 16 Proでは小さいサイズのProモデルにも搭載されると、Kuo氏は予想している。ただ、その際も標準モデルのiPhone 16にはペリスコープレンズカメラは搭載されないとのことだ。

How does a periscope lens work

また、同アナリストは、iPhone 16 Proモデルに使用されるペリスコープレンズは、iPhone 15 Pro Maxに使用されているものと同じか、かなり類似したものになると考えている。

これまでにも、Appleは一番高価なPro MaxモデルのiPhoneにのみ優れたカメラを搭載してきた歴史がある。iPhone 12 Pro Maxは、ワイドレンズのセンサーを大型化したモデルで、センサーシフト方式の手ぶれ補正を搭載した唯一のモデルでもあった。また、光学2.5倍ズームの望遠レンズもPro Maxモデル専用だった。過去、光学式手ぶれ補正を搭載したモデルはiPhone 6 Plusのみで、iPhone初のデュアルレンズカメラはiPhone 7 Plus専用だったが、iPhone 13 ProとPro Maxからは全く同じカメラを搭載するようになった。それに比べて、標準モデルのiPhoneはカメラにあまり進化が見られないことが多かった。

Appleは今年のProモデルで、iPhoneの通常モデルとProモデルの差別化を推し進めたいと考えているため、Proモデルが大幅に強化されるのは当然の流れだろう。

同時に、部品の価格も大きな要因だ。通常のカメラモジュールが1.5ドルから2ドルなのに対し、ペリスコープレンズモジュールは最大で15ドルもする。iPhone Pro Maxはアップルのラインナップの中で最も高価なモデルなので、Appleが部品が安価になるまでこの技術をそのモデル専用にしておくことは理にかなっているだろう。

Kuo氏は、今後数年でより多くのスマートフォンメーカーがペリスコープレンズを採用し、これらの部品の需要と生産が増加し、将来的に安価になるはずだと予想している。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする