やっぱりAppleがNo.1? Snapdragon 8 Gen 2のベンチマークテストがリークされ、A16 Bionicの優位性が明らかに

masapoco
投稿日
2022年11月18日 6:51
92514fc832508b153bd00116adfb5f0c

ついに、Qualcomm(クアルコム)が最新のSnapdragon 8 Gen 2モバイルチップとプラットフォームを発表した。発表前にリークされた情報から、ついにAndroidスマートフォン搭載のチップが、長年後塵を拝してきたAppleのAチップの性能を超えることが出来るのかとの期待されたが、最新のベンチマークによると、iPhone 14 Proモデルに搭載されているAppleのA16 Bionicチップに及ばないことが明らかになったようだ。

Snapdragon 8 Gen 2が搭載されたスマートフォンが発売されるのは、2023年以降になるが、このチップのGeekbenchスコアがすでに未発表のAndroidデバイスでテストされていることが確認された。この結果によると、Snapdragon 8 Gen 2は、シングルコアで1485、マルチコアで4739のスコアを記録したことが分かった。だが、A16 Bionicは、シングルコアで1874、マルチコアで5372のスコアを記録しており、いまだAppleシリコンが優位に立っていることが分かる。ちなみに、iPhone 13 ProやiPhone 14の下位モデルに搭載されているA15 Bionicチップも、シングルコアスコアが1709と、Qualcommの最新チップより高いスコアを記録しているのだ。

ちなみに、第一世代のSnapdragon 8チップと比較して、新しいプラットフォームでは、CPU性能が35%、GPU性能が25%向上し、電力効率も向上しているとQualcommは述べている。

iPhone 14 Proに搭載されたA16 Bionicチップは、最新のSnapdragon 8 Gen 2チップと同様にTSMCの4nmプロセスで作られており、どちらも性能とエネルギー効率の向上を実現している。

先日発表されたMediaTekのDimensity 9200についても、既にGeekbenchのスコアが流出しているが、それによるとシングルスコア1,353、マルチスコアが4,055となり、Snapdragon 8 Gen 2よりも低いものだった

ただし、これらの値はまだ最適化が進んでいないための物である可能性もあり、実際にデバイスが発売されてみないとまだ確かなことは言えないが、Appleの牙城はやはりそう簡単には崩せないのかもしれない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • recapture 1
    次の記事

    iPhoneで三脚を使わず、1カ所に留まらなくてもタイムラプス撮影ができるアプリ「ReCapture」が登場

    2022年11月18日 10:40
  • 前の記事

    エヌヴィディアとマイクロソフトが提携し、強力なAIスパコンを構築へ

    2022年11月18日 5:21
    NVIDIAMicrosoftLogoGraphic
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事