iOS 16.2及びiPadOS 16.2 ベータ1が開発者向けにリリース

masapoco
投稿日 2022年10月26日 4:38
Apple WWDC22 iOS16 3up hero 220606

Apple(アップル)は、現在開発中のiOS 16.2及びiPadOS 16.2の第1弾ベータ版を開発者向けにリリースした。

昨日、10月25日にiOS 16.1及びiPadOS16.1が正式にリリースされたことを受けて、開発が次のバージョンへ移行した形となる。

あわせて、watchOS 9.2、macOS Ventura 13.1なども第1弾ベータ版がリリースされている。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

なお、新機能についてのアナウンスは現時点ではリリースされておらず、具体的な内容については確認中だが、新たな機能として、WWDC(World Wide Developers Conference)2022において披露された、「Freeform(フリーフォーム)」アプリがiOS、iPadOS、macOSにてテストされている。

加えて、iPadOS 16.2では、AppleはM1またはM2チップを搭載したiPadの外部ディスプレイサポートを再び有効化している。Appleのシリコンチップを搭載していない旧モデルのiPad ProでもStage Managerは機能するが、これらのiPadでは外部ディスプレイを使用してStage Managerを使用することはできない。

また、その他バグ修正や、パフォーマンス向上が行われている。

パブリックベータもまもなく利用可能になる予定だ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple WWDC22 macOS Ventura 3up addl features 220606
    次の記事

    AppleがmacOS Ventura 13.1の第1弾ベータ版を開発者向けにリリース

    2022年10月26日 5:14
  • 前の記事

    テレビゲームをプレイしている子どもは、しない子どもよりも脳機能テストでより高いスコアを獲得する傾向にあるとの研究が発表される

    2022年10月25日 18:05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事