iOS 16.0.2がリリース、サードパーティー製アプリでカメラ機能に問題が起こる不具合を修正

masapoco
投稿日 2022年9月23日 10:20
Apple iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max back camera 220907

Appleは、iPhoneユーザー向けにiOS 16.0.2アップデートをリリースした。このアップデートでは、主にiPhone 14 Proのカメラ関連の以下の不具合に対応している。

サードパーティ製アプリでカメラを使用すると、カメラの手ぶれ補正ユニットが誤作動を起こし、ガリガリ音を立て始める問題が複数報告されていた。これによってiPhoneのカメラが壊れる恐れもあったが、Appleは、ソフトウェアアップデートでこの問題を解決できると報告しており、本日そのアップデート、iOS 16.0.2がリリースされた。

また、このアップデートはまた、他の問題にも対処している。特に、いくつかのアプリケーションで何度も何度も表示されるコピー&ペーストの許可に関するプロンプトの問題も修正された。このアップデートは全てのiPhoneユーザーが利用できる。

このアップデートでは、以下を含む iPhone のバグフィックスと重要なセキュリティアップデートが提供されます。

iPhone 14 Pro および iPhone 14 Pro Max で一部の他社製アプリを使用して撮影すると、カメラが振動し、写真がぼやけることがある。

デバイスのセットアップ中にディスプレイが完全に黒く表示されることがある

アプリ間でコピー&ペーストを行うと、許可プロンプトが予想以上に表示される場合がある

再起動後にVoiceOverが使用できなくなることがある

一部のiPhone X、iPhone XR、iPhone 11のディスプレイで、整備後にタッチ入力が反応しなくなる問題に対処します

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティ内容については、こちらのサイトをご覧ください。

https://support.apple.com/kb/HT201222

今回のアップデートは、特にiPhone 14 Proユーザーは、早めにアップデートをダウンロードすることをおすすめする。[設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]と進み、iOS 16.0.2アップデートが表示されたら「ダウンロードしてインストール」をタップするだけだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 次の記事

    OpenAI が多言語音声認識システムである「Whisper」をオープンソース化 – インタビューやポッドキャストの文字起こしが可能に?

    2022年9月23日 10:38
  • 前の記事

    PICO、パンケーキレンズを搭載し軽量化を実現したVRヘッドセット「PICO 4」発表

    2022年9月23日 7:04
    06 Headset

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事