あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelの次期Core i9-13900KがGeekbenchに登場

Geekbenchオンラインデータベースに、Intel Core i9-13900Kとされるプロセッサを搭載したベンチマークテスト結果が発見された。このフラッグシップの第13世代Coreプロセッサーのサンプルは、24コア、32スレッドで、ベースクロック3.0GHz、5.5GHzで動作し、シングルコアで5.7GHzというクロック周波数を記録したようだ。

Intel Core i9 13900K

上記は、次期フラッグシップCPU「Raptor Lake」を搭載したシステムのスコアを記録したGeekbenchのページからのスクリーンショットだ。上から順にシングルスレッド/マルチスレッドのスコアが2,133/23,701となっているのがわかる。Benchleaksはこのエントリーを見つけ、これが本物の結果であれば、新しいCore i9-13900KはAMDのCPU 5800Xと比較してシングルスレッドで約23%、マルチスレッドテストで120%高速になることを主張している。

結果から考えると、次世代フラッグシップは先代と比較してシングルスレッドテストで約7%、マルチスレッドテストで約37%高速化されていることがわかる。もちろん、i9-13900KはAlder Lakeの先代に比べて効率コアが8個増えており、マルチスレッドテストではそもそも、世代間の差もあるだろう。

Intel Core i9 13900K 2 1

今回テストしたプロセッサは、エンジニアリングサンプルだが、これから速度が向上し、全体のパフォーマンスが向上する可能性がある。シングルスレッドの性能が2桁になればいいが、それでも全スレッドの性能アップは見事だろう。

Intel Raptor Lakeは、Intel 700シリーズマザーボードとともに、今年10月に発売される予定だ。AMDもこの秋にZen 4 Ryzen 7000プロセッサでCPUリフレッシュの準備を進めている。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする