Intel Raptor Lake-S の詳細がリーク NVMeストレージはPCIe 4のまま?

masapoco
投稿日 2022年7月6日 5:37
Intel Core i9 13900K Raptor Lake Desktop CPU Performance Leak

Intelが今年発売を予定している、次世代CPU「Raptor Lake」についての新たな情報がリークされた。Intelが中国の深センにて開催したプレゼンテーションのスライドが流出したわけだが、一部興味深い内容があった。それによると、NVMeストレージのサポートはPCI Express 4.0に留まるとのことだ。

Source

このスライドによると、Raptor Lake-SはDDR5-5600メモリに正式対応し、これはAlder Lakeがサポートするメモリ速度4800MT/sよりも向上することになる。さらに、このスライドでは、Raptor Lake-SがDDR4-3200メモリに対応することも確認されている。これは、600シリーズのマザーボードが新しいデスクトップシリーズにも対応することからも予想されたことだろう。

入出力機能については、Raptor Lakeプロセッサは、16本のPCIe 5.0レーン、4本のPCIe 4.0レーン、8本のDMI 4.0リンクでチップセットとの接続を実現するようだ。16本のPCIe Gen5レーンは、GPUへのPCIe 5.0 x8の相互接続とSSDへのPCIe 5.0 x4相互接続を2本得るための分岐をサポートしている。その結果、1つのRaptor Lake-S CPUで、最大3台のSSDを直付けで扱えるようになる

リークされたスライドからの興味深い情報として、CPU接続のNVMeストレージのサポートがPCIe 4.0のままであることが指摘される。一方、AMDはPCIe 5.0プロトコルのNMVeストレージを搭載したAM5ソケットを提供する予定だ。Intelが、なぜPCIe 4.0 x4のNVMe SSD専用インターコネクションを残すことにしたのかは不明である。恐らく、PCIe 4.0 x4のみの既存のLGA1700プラットフォームと互換性を維持する必要性と関係があるのかもしれない。

Raptor Lake向けの次期700シリーズボードのマザーボードベンダは、PCIe 5 NVMeスロットを提供する事も可能だが、PCI Express Graphics(PEG)スロットから5.0レーンを8本引き、それをNVMeストレージにルーティングする必要がある。これはGPUの性能に数パーセントの影響を及ぼす可能性がある。ただし、AMDの次期AM5プラットフォームでは、CPUがPEGとCPU接続のNVMeストレージの両方に十分なPCIe Gen5帯域幅を提供するため、このような問題は発生しないようだ。

Intel Raptor Lakeは、現在、今年の10月頃にデビューする見込みだ。このアーキテクチャは、Alder Lakeと同じIntel 7プロセステクノロジーをベースにしている。さらに、同じLGA1700ソケットをサポートする。新シリーズは最大24と、これまでよりもコア数の多いCPUになるようだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 2022 rocketfuel from bacteria 1536x864 1
    次の記事

    微生物によって将来的にロケット燃料を作ることが可能になるとの研究

    2022年7月6日 10:30
  • 前の記事

    世界最大の天体写真コンテスト2022年候補作が出そろう

    2023年12月31日 6:54
    IC1871 A little devil riding on the head of a dragon by Binyu Wang Astronomy Photographer of the Year 2022 Young

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事