あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelが限定数での販売を計画してる、モンスターCPU「Core i9-13900KS」は、最大6GHzでの動作が予告されているが、このCPUのベンチマークテストの結果がリークされ、AMDのRyzen 9 7950Xに対して15%性能で勝っていることが明らかになった。

chi11eddog氏によってリークされた内容は、Cinebench R23のシングル及びマルチスレッドのスコアに焦点を当てた物となる。それによると、i9-13900Kに対しては、それぞれ5%と3%の上昇が示されているとのことだ。特にシングルコア性能に関しては、13900KSは、最大6.0GHzのクロック周波数を達成することから、より顕著な上昇が見られる。

i9-13900KSは、Raptor Lake-Sの次期デスクトップCPUで、24コア(8P+16E)恒星で、デフォルトTDPは125Wから150Wにアップしている。最大ターボクロックが高くなっただけでなく、Performanceコアのベースクロックも200MHzほど高速化されている。

13900KS SPEC

最新の情報によると、Core i9-13900KS プロセッサは、2023年1月12日に発売される予定とのことだ。複数の情報源から、この日付が述べられていることから信憑性が高い。価格は今のところ不明だが、間違いなく13900Kよりは高価である。リークによると、一部では22%の価格上昇がありそうとのことだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする