あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelは、次世代GPU「Xe2 Battlemage」を今年後半に、次いで「Xe3 Celestial」を近い将来に発売する可能性があることを明らかにした。

この情報は、IntelのTom Petersen氏がPCWorldとのインタビューの中で明らかにしたものである。同氏は、次世代Arc GPUは2025年のCES前に市場に投入される可能性が高いと述べた。彼はより具体的な時期を提示しなかったが、Petersen氏の発言から、同社がBattlemageラインナップの2024年下半期発売を目指していることは明らかだ。

Petersen氏によると、Battlemageシリコンの最初のセットはすでにラボでテストされており、Arc GPUチームの30%がソフトウェアの微調整を行い、ゴールデンタイムに間に合わせている。一方、Arcチームのハードウェア・エンジニアの大半は、Battlemageラインナップの後継となるXe3 Celestial GPUと思われる「次のもの」にすでに移っている。

Petersen氏は、次期カードについて多くを明らかにしなかったが、同社は今年後半に詳細を共有すると述べた。しかし、以前のリーク情報では、Xe2-HPG(Battlemage)アーキテクチャに関するいくつかの情報が明らかになっており、TSMCのN4ファブリケーション・ノードをベースとし、最大56個のXeコアを搭載する可能性があるとの報道もあった。また、次世代メモリサブシステムと改良されたレイトレーシングアクセラレーションが搭載されるとも言われている。

2022年に発売されたAlchemistは、DirectX 11やDirectX 9のゲームと相性が悪く、遅延やバグの多いドライバに悩まされた。その後のアップデートで性能は改善されたものの、ダメージは大きく、AlchemistはNVIDIAやAMDの定評ある製品と互角に戦うことはできなかった。Intelは、Battlemage(およびCelestial)がドライバ部門でより良い運に恵まれ、Alchemistの対応製品を悩ませたソフトウェアのグレムリンが発生しないことを期待している。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする