あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelが誤って次世代CPUの詳細仕様を公開(現在は削除)

Intelが誤って第13世代Raptor Lake CPUのスペックを公開した。10月に発売される予定の、第13世代CPUである、Core i5-13600K、Core i7-13700K、Core i9-13900KのCPUのスペックが明らかになったが、これはIntelのミスだったようで、現在は削除されている。

Source

IntelはこのスペックをカナダのWebサイトに掲載し、Twitterユーザーがいち早くそれを発見した。スペックから明らかになったのは、最上位のi9 13900Kは24コア32スレッドで、パフォーマンスコアは最大5.4GHzの周波数で動作すること。i7 13700Kは16コア24スレッドで、パフォーマンスコアは最大5.3GHzで動作するとのことだ。最後に、i5 13600Kは、14コア、20スレッドで、パフォーマンスコアの最大クロック周波数は5.1GHzとなる。

Intelはまだ第13世代Raptor Lakeプロセッサを正式に発表していないが、シングルスレッド性能は15%、マルチスレッド性能は41%向上すると予告している。AMDは今月末に16コアのRyzen 9 7950Xチップを発売する予定で、最大5.7GHzまでブーストできるとのことだ。Intelは、第13世代CPUの少なくとも1つは、最大6GHzで動作可能になると主張していた。

Intelの第13世代Raptor Lake CPUについては、9月27日に開催される同社のイノベーション・イベントで、さらに多くの情報が得られるだろう。ちょうどAMDがZen 4 Ryzen 7000プロセッサを発表するのと同じ日だ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする