あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple Watch Ultra のディスプレイに採用されたサファイアクリスタルはライバル製品と比較してどれくらい強いのか?

最新デバイスを惜しげもなくひっかき、ぶっ叩き、へし折ることでその耐久性をテストしてくれる動画でお馴染みのYouTuber「JerryRigEverything」氏は、最新の動画で高価なApple Watch Ultraについて、同じ素材のディスプレイカバーを備えている他社製スマートウォッチと比較し、その傷つきやすさをテストしている。

Apple Watch Ultraは、Apple Watchのステンレススチールモデルと同様、ディスプレイを覆うようにサファイアクリスタル製のカバーが採用されている。

サファイアクリスタルは、モース硬度8~9(純度による)と、ダイヤモンドの次に硬い物質となり、傷が付きにくく、高級時計にも多く用いられている。JerryRigEverything氏は、Apple Watch Ultraと同様に、サファイアクリスタルを採用した、Galaxy Watch 5、Garmin Fenix 7を用いて、それぞれの傷の付きやすさをテストしている。

Appleは、カメラレンズに初めてサファイアカバーを採用した「iPhone 5」以来、デバイスにサファイア素材を使用していると主張している。しかし、Appleが実際に使用しているのはサファイアの複合材料であり、純粋なサファイアほど硬くはない。そこで、実際にApple Watch Ultraに使われているサファイアクリスタルはどの程度の硬度を持つのかテストしようと言うことだ。

JerryRigEverything氏のテストでは、Apple Watch Ultraのディスプレイは、モース硬度レベル6と7のテストで小さな擦り傷が生じ始めた。そして、レベル8ではハッキリとした傷が現れている

Galaxy Watch 5でも結果は同様だが、レベル6と7の擦り傷は、Apple Watch Ultraよりも目立たないものだ。これは純度や、研磨の問題によるものだろうとのこと。Garmin Fenix 7に関しては、レベル6と7でほとんど擦り傷がなかったことから、これが3つの時計の中で最も純度の高いサファイアクリスタルを搭載していることが分かった。

結果として、Apple Watch Ultraのスクリーンは、他のサファイアクリスタル搭載スマートウォッチのスクリーンよりも少し傷つきやすいようなので、気をつけた方がいいだろう。とはいえ、アルミニウムモデルのApple Watch Series 8などよりは傷つきにくいことは確かだ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする