あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

神の手”のゴール。1986年のワールドカップ準々決勝、イングランド戦でディエゴ・マラドーナが放ったシュートは、今日までサッカー界で最も物議を醸した出来事のひとつだ。しかし、この36年の間にサッカーにも多くの変化があった。世界中のサッカーファンが、世界最大のスポーツイベントであるFIFAワールドカップに注目する今、テクノロジーが彼らの大好きなスポーツにどれだけ影響を与えたかを見てみよう。

スカウトや才能の発掘にAIが使われる

スカウトが見る機会がなかったという理由で、才能が埋もれてしまうということが今までも多々あった。イングランドに拠点を置く、AiSCOUTは、アマチュア選手がスタミナ、耐久性、スキルのためにさまざまな練習をする様子をビデオに撮ることができ、スカウトがその選手を欲しいかどうかを判断するのに必要な情報を提供する。

AiSCOUTのCEOであるDarren Peries(ダレン・ペリーズ)氏はForbesにこう語っている。「選手はチャンスをつかむことが大事です。決してスカウトされることのない選手もいて、そういった選手にリーチするためにテクノロジーを使っているのです。」このAIシステムによってアマチュア選手がスカウトされた例として、Ben Greenwood(ベン・グリーンウッド)選手が挙げられている。 彼はAiSCOUTを利用し、今では子供の頃に大好きだったチェルシーや、母国のアイルランド代表チームでプレーしているとのことだ。

サッカー選手のスカウトにおけるAIの活用は、ブルガリアのスポーツ分析会社Ensk.aiがさらに例証している。彼らは、次世代のサッカー採用分析ツールにも取り組んでいる。高度な統計モデル、人工知能、そしてサッカークラブの個々のニーズ、哲学、チームダイナミクスの理解を組み合わせることで、移籍の無駄を減らし、適切な才能を見極めることを目指しているとのことだ。

監督の意思決定プロセスの改善

2022年カタールワールドカップではこれ以上ないほどの賭けが行われている。フランスを倒し、世界チャンピオンの座を奪おうと躍起になっている有力選手たちがいる。しかし、それに伴い、ヒューマンエラー、特に監督のミスが発生する可能性が常にあり、それが試合結果に壊滅的な影響を与える可能性がある。そこで、より多くのサッカークラブがAIを利用して、チームとしての試合、選手一人ひとりのパフォーマンス、さらにはライバルの戦いぶりなどを把握し、分析している。こうして、監督は何を改善すべきか、どうすればよいかをよく洞察することができ、人間の誤認識のリスクを下げることができるのだ。

この戦略を実践しているクラブのひとつに、スコットランドのグラスゴー・レンジャーズがあります。彼らは、Hudlと協力して、クラブのリーグでの過去のパフォーマンスを基に戦略を分析し、改善している。

2019年に設立されたブルガリアのサッカーパフォーマンスデータ会社Ubitrackは、自動データ抽出技術やソリューションを使って、サッカークラブが最高のパフォーマンスを発揮する選手を見つけるための支援を行っている。そのデータを基に、サッカークラブはチームのパフォーマンスを評価し、改善すべき点を特定し、また競合を分析することができるのだ。

ウェアラブルで選手の健康を見守る

あらゆるスポーツで最も重要なのは、選手がどのようにパフォーマンスを発揮するかということだ。どのようにボールを扱い加速するか、試合でどれだけの距離をカバーするかなど、数え上げればきりがない。それらすべての要素を正確に把握することは、サッカーでAIが使われるようになるまで比較的困難だった。

それを変えるために、今ウェアラブルがこの分野に参入する。C-Exoskeletonというブランドは、膝当てを開発しており、監督やコーチが選手のパフォーマンスを把握するのに役立っている。

選手はAIを搭載したベストを着用し、ベンチに設置されたコンピューターに選手の健康指標を表示する。ある選手の心拍数がひどく高くなり、監督は次の試合ではチームの重要な一員であるため、彼を休ませるために交代させることを決定するのだ。

怪我を予測するツール

スポーツでは、怪我は最大の挫折となる。プロフェッショナルで競争的な環境でスポーツをする場合、報酬を受け取っているため、最高の能力を発揮することが期待され、うまくいかなければ、クラブは利益を生み出すことができない。しかも、怪我によっては致命傷になることもある。サッカーなどのスポーツにAIを導入することで、コーチは選手が怪我をすると予測されるタイミングを知り、その状況下でどうするかを判断できるようになった。また、この方法では、選手がいつ練習を再開し、高いレベルでプレーできるほど健康になるかを予測することができる。

ゴールライン、オフサイド、反則防止技術

Semi automated offside technology to be used at FIFA World Cup 2022
半自動オフサイド判定テクノロジー(Credit: FIFA)

「神の手ゴール」の話に戻るが、もし今のような技術があれば、サッカーの歴史は大きく変わっていたかもしれない。

今年の2022年FIFAワールドカップでは、新しいタイプのゴールライン技術が導入され、レフェリーがカメラを見て自分で判断する必要がなく、AIが判断し、レフェリーに判定が送られるようになっている。これにより、人為的なミスを排除し、より恐怖感のある試合を実現する。

また、オフサイドはサッカー界に大きな論争をもたらした。ほとんどの試合で、サイドの審判が正しくコールした、あるいはしなかったオフサイドが少なくとも1つはあり、それが最終結果に大きな影響を与えることがあるのだ。FIFAは、2022年のカタール・ワールドカップで、オフサイドとファウルの判定が100%可能になるVARを使用している。完全自動でスタジアムのコントロールルームにリアルタイムで信号を送り、コンピューターが3Dモデルで状況を再現し、オフサイドラインを引き、ゴールを与えるべきかどうかを判断する。すべての情報はサイドの審判に伝えられ、ヒューマンエラーが起こる可能性を排除する。

FIFAによる解説動画はこちら

サッカーを一度でも見たことがある人なら、ファウルを取られた選手が、ファウルを取られた場所からボールを動かしているのを見たことがあるはずだ。これはPKでも起こることだが、2022年のワールドカップでは、それができなくなる。FIFAは、大会の公式球であるAl Rihla(アル・リフラ)にマイクロチップを搭載し、ファウル後にボールを入れるべき場所を正確に知ることができるようにしている。このマイクロチップは、選手がいつボールに触れたかを正確に表示することで、半自動オフサイドテクノロジーにも貢献する。

スタジアムの温度をコントロールし、ファンの膨張を予測する

サッカーという競技は、ファン同士のケンカ、観客の暴走、試合観戦のためにスタジアムに不法に立ち入る人などが大量に発生する原因となっている。今回のFIFAワールドカップでは、世界で最も重要なトロフィーをかけて自国が戦うのを見るために、120万人がカタールに向かうと言われている。群衆の喧嘩や法律違反を防ぐため、首都ドーハから100人以上の技術者がAIを使った顔認証、全自動ドア、カメラを使って、ファン同士の衝突を避けるように誘導する。ワールドカップの8つのスタジアムには20万台以上の統合ユニットが均等に配置され、ファンの行動を把握し、「群衆をコントロール」していくのだ。

試合の放送

d14977 441 954713 1

サッカーにおけるAIの活用は、放送にも見ることができる。Pixellotというプラットフォームは、AI駆動のカメラを使って、人間のオペレーターを介さずにフィールド上のすべての動くものを追いかけることで、スタジアムにいない人からは見ることができなかった試合をより多く配信することを可能にしている。サッカーを中心に、バスケットボールやホッケーも配信している。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする