AIは宗教との関係をどう変えるか?

The Conversation
投稿日
2024年2月7日 12:09
f0e236e3d6d79448682b7da1103e8420

科学と信仰はしばしば2つの異なる箱に入れられており、交わることはほとんどない。しかし、AIが主流になるにつれて、信仰やスピリチュアリティとの関わり方が根本的に変わっていくと私は信じている。

まず、すでに起きていることから見てみよう。古代の信仰関連文書の多くは、パピルスやヤシの葉に記録されているが、その多くは2つの課題により、現代世界ではアクセスすることが困難である。

第一に、今でも入手可能な古代のテキストの多くは断片的なものであり、その一部はいつ崩れてもおかしくない。第二に、すでにデジタル化されているテキストは、その中で使われている言語が現代では一部の人しか知らないため、ほとんどの人がアクセスできないままである。

AIはテキストへのアクセスを容易にすることで、この状況を根本的に変えようとしている。2023年の有名な例では、ケンタッキー大学のコンピューター科学者がAIを使って、AD79年のヴェスヴィオ火山の噴火で焼失した炭化パピルスの内容を明らかにした。

科学者たちはパピルスの3Dレントゲン画像を調べた。そして、古代のインクによってパピルスの構造に残された微妙な変化に基づいて、巻物の文字を読み取るようにAIを訓練した。

その結果、AIは巻物に書かれた古代ギリシャ語の「紫」を解読し、翻訳することができた。例えば、インド亜大陸の他の古文書は、サンスクリット語やグランサ文字で書かれている。

ここでもまた、AIシステムが言語翻訳とテキスト予測を使って、古い碑文に欠けている文字を予測している。サンスクリット語のテキストで学習させた小型言語モデルと呼ばれるAI技術を使い、これらのテキストを人々に案内するAIグル(AI家庭教師)を作成する新興企業もある。AIはまた、色あせた洞窟壁画の保存や修復にも利用できる

誤報問題?

他のテクノロジーと同様、AIにも課題はつきものだ。信仰の文脈で最も顕著なのは、誤報と虚偽表示だろう。昨年、ローマ法王のディープフェイク画像が拡散されたことで、私たちはすでにこの例を目の当たりにしている。この例では、ちょっとした遊びのつもりだった。

しかし、AIによるディープフェイク画像や音声クローンの作成が10ポンド程度(Eleven LabsやD-IDといった既存のオンラインツールを使用)で可能になっていることから、より懸念されるケースもそう遠くないかもしれない。過激派組織がこのテクノロジーを使って、宗教指導者の言葉を捏造したプロパガンダ・ビデオを作成したり、宗教的シンボルを誤魔化したりすることを想像してみてほしい。

同様に、過激派の見解に基づいて訓練された言語モデルが、特定の信仰グループに対する毒をまき散らすためのアウトプットを大規模に作成し、憎悪犯罪や地域社会の緊張につながる可能性もある。

AIと信仰の未来像

次に、AIの未来像と信仰との交わりを考えてみよう。私の信仰するヒンズー教を例に、50年後の未来像を説明したい。

ヒンズー教の重要な概念はプルシャールタであり、ダルマ(正義、道徳的価値)、アルタ(繁栄、経済的価値)、カーマ(快楽、心理的価値)、モクシャ(精神的価値、自己実現)という人間生活の4つの目的を概説している。

今後50~100年で、AIは意思決定を含む人間のあらゆる努力の副操縦士になる可能性が高い。世の中に正義やダルマを維持するためには、アルゴリズムやAIの言語モデルは、真実で道徳的に正しいデータに基づいて訓練されなければならない。

現在策定されているAIに関する規制の枠組みにこのことを組み入れない限り、これは保証されない。AIの進歩は、複数の技術が融合した豊かな世界に突入する中で、人類のアルタ(経済的繁栄)の達成を自然に加速させるだろう。

拡大する社会的不平等の問題に対する解決策を求める声から、世界共通のベーシックインカムの形が当たり前になるかもしれない。そうなれば、現在本業に費やしている多くの時間が解放され、人類は他のことに没頭できるようになる。まず第一に、快楽やカマ活動に費やす時間が増えるだろう。

より質の高い時間が手に入るようになれば、精神的なものや信仰に関連した追求(モクシャ活動)が復活する可能性さえある。それは、AIが世界に及ぼす影響力の拡大がもたらす興味深い結果だろう。


本記事は、Sreevas Sahasranamam氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「How AI could change our relationship with religion」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • microsoft
    次の記事

    Microsoftの評価額は、Satya Nadella氏の政権の下、過去10年で10倍に上昇

    2024年2月7日 14:32
  • 前の記事

    OpenAI、DALL-E 3の生成画像に透明性を高めるC2PAメタデータの埋め込みを実施

    2024年2月7日 11:46
    openai
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事