GoProがFPVドローン用の超軽量カメラ「Hero 10 Black Bones」をリリース(現在米国限定)

masapoco
投稿日
2022年4月13日 11:49
Bones Cinelog HD30 On Black 4K22

GoProは、FPVドローン用に設計された54gのカメラ「Hero 10 Black Bones」を発表した。現在、このカメラは米国限定で、399.99ドル(日本のサイトでは64,000円)からとなっている。

GoProが発表した、Hero10シリーズの新しい仲間となる「Hero 10 Black Bones」は、Hero 10 Blackと同じカメラ、CPU、HyperSmoothビデオ安定化、レンズを中心に構築されたHero 10 Black Bonesは、120FPSで4Kまたは60FPSで5.3Kでビデオ撮影が出来る。このデバイスは、First-Person-View(FPV)ドローンの上に乗せられるように設計されたHero 10 Blackの派生版だ。

Hero 10 Blackからの変更点としては、バッテリー、ディスプレイ、スピーカー、防水ハウジングが廃止されている。そのため、Hero 10 Black Bonesの重量はわずか54gで、Hero 10 Blackの150gから大きく減少している。96gの軽量化ということで、ドローンへの重量負荷が軽減されることから、バッテリー持続時間の向上に寄与する物と考えられる。

残念ながら、こちらのデバイスは内蔵バッテリーがないため、FPVドローンのバッテリーに接続する必要がある。GoProによると、Hero 10 Black Bonesは標準のFPV接続用コネクタを備えており、5〜27Vのバッテリーで電力を供給できるという。

現在、GoProはHero 10 Black Bonesの販売を「米国のみ」としており、GoProサブスクリプション加入者には399.98米ドルで販売されている。ただし、同社は ドイツ と 英国、そして日本のWebサイトにも、それぞれ529.99ユーロと479.99ポンド、64,000円でカメラを掲載している。

参考までに、GoProサブスクリプションには、無制限のクラウドバックアップ、自動アップロード、Quikアプリの使用が含まれている。また、GoProは、自社のWebサイトで製品を50%オフにし、「理由を問わないカメラの交換補償」を行っている。

GoProが米国での販売のみ行っている中で、なぜ他の地域のWebサイトにカメラが掲載されているのかは不明だが、今後販売が拡大する可能性があるだろう。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • horizon worlds creatorsd
    次の記事

    Metaがメタバースプラットフォーム「Horizon World」内でクリエイター向けの収益化プログラムをスタート

    2022年4月13日 12:20
  • 前の記事

    Apple Watchへの血圧・血糖値測定機能は今年は登場せず

    2022年4月13日 10:58
    Apple Watch
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • war

    人工知能のようなテクノロジーは、戦争への理解を変えつつある

  • Keychron Q1 HE 11

    磁気スイッチを備えた「Keychron Q1 HE」キーボードがKickstarterに登場

  • photo 2023 10 27 12 22 22

    ウクライナ軍、ロシアによる地雷の除去に完全自動制御のドローンを活用

  • Apple Shot on iPhone Blackmagic Camera app

    Appleが「Scary fast」イベント全体をiPhone 15 Pro Maxで撮影した方法を公開

  • microfliersWEB001

    葉をモチーフにした折り紙ロボットは空中で形を変えて飛び回る

今読まれている記事