Google、2025年にフルカスタム設計の「Tensor G5」をTSMCの3nmプロセスで製造か

masapoco
投稿日
2023年7月9日 10:30
google Tensor

Googleは、2年後に発売すると言われているフルカスタムのTensorチップセットのために、ファウンドリーパートナーをSamsungから、TSMCに切り替える計画があると報じられている。The Informationによると、Googleはこの世代で3nmプロセスに移行すると言われており、これはQualcommやMediaTekなどの企業が近い将来採用すると思われる技術と同じである。

現在、Googleは製造施設だけでなく、SoC設計もSamsungに依存している。同社のTensorシリーズのチップセットは、SamsungのExynosシリーズを少し改良したものだが、過去のベンチマークが示すように、パフォーマンスや電力効率の大幅な向上は見られない。現在、長年にわたって完全カスタム設計のチップセットをリリースしているスマートフォンメーカーはAppleだけであり、QualcommはNuviaの買収により、まもなく2社目となる。

Googleの計画に詳しい関係者によると、Tensor G5はTSMCの3nmプロセスで量産されるだけでなく、エネルギー効率の向上と薄型化を実現するIntegrated Fan-Out技術もサポートされるという。正、The Informationは、GoogleがどのTSMCの3nmプロセスに切り替えるかについては詳しく触れていない。TSMCの3nmプロセスと言えば、Appleが既に3nmウェハーの90%を確保したと報じられているが、それは最初の提供版であるN3Bプロセス用である。

Tensor G5は2025年に発売されると言われていることから、GoogleはN3Bプロセスを少し改良し、歩留まりを向上させ、製造コストを下げたTSMCのN3Eテクノロジーを採用すると推測できる。完全なカスタム設計はまた、次期Tensorが独自の自社製CPUとGPUを搭載することを意味し、Googleはハードウェアと同社のAndroidプラットフォームとの連携方法をより詳細に制御できるようになる。TSMCのファウンドリーはSamsungよりはるかに優れており、そのウェハー技術は韓国の競合他社をはるかに凌駕しているからだ。

TSMCの3nmプロセスに移行することで、GoogleはPixelスマートフォンだけでなく、Chromebook、タブレット、スマートスピーカーなど、さまざまな製品向けにTensorチップを設計できるようになる。Appleのように、完全なカスタムチップセットを持つことで、複数の製品をソフトウェアレベルで統合することができ、GoogleはAppleと同様のエコシステムを構築するための強力な基盤を得ることができる。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • palm banner artwork 2B
    次の記事

    Googleは医療向けAIチャットボットを病院でテストしているようだ

    2023年7月9日 14:42
  • 前の記事

    老化とは何か?なぜアンチエイジングが難しいのかを専門家が解説

    2023年7月9日 9:13
    old woman
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • newroom quantum hardware.rendition.intel .web .1920.1080

    量子コンピュータが実用化されるのはいつになるだろうか

  • FireShot Capture 061 Search Labs labs.google.com

    GoogleのAI統合検索がマルウェアサイトにユーザーを導いている

今読まれている記事