あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Android 13 初の開発者向けプレビューが公開

米国時間の2022年2月10日、Androidの次期メジャーバージョン「Android 13」が発表され、開発者向けプレビュー版「Android 13 Developer Preview (DP) 1」のシステムイメージと「Android 13 SDK」の提供が始まった。

Pixel 4以降のデバイスでは、この最初のデベロッパープレビューを今すぐにインストールすることが可能だ。ただし、このリリースには、ほぼ確実にバグやその他の問題が含まれる。そのため、普段メインで使用するデバイスにはインストールしないことをお勧めする

導入できるデバイスは、Pixel 6/6 Pro、Pixel 5、Pixel 5a 5G、Pixel 4a/4a(5G)、Pixel 4/4 XLなどとなっている。

Android11からAndroid12への移行の際は、デザイン面が刷新されたこともあり非常に変化が大きかったが、Android 13に関しては、Android 12から移行する際に、Googleは劇的な変化は考えていないようだ。代わりに、GoogleはAndroid 12の全体的な外観を維持しながら、OSに新しい機能を追加する方向で調整しているように思われる。

Android 13の概要

リリース時期

Android 13のリリース時期に関しては、既に公式リリーススケジュールが出ているが、2022年の秋に正式版のリリースを目指して開発を行っているとのこと。

android 13 release schedule
Android 13 リリーススケジュール表

以下に新機能紹介を公式サイトより転載する。


新しいAndroid13プライバシー機能

プライバシーとセキュリティについて、Googleはこれまで以上に重要に考えています。新しいAndroidがリリースされるたびに、同社はオペレーティングシステムをより安全に、そしてプライバシーに関わる重要な部分に関して、より多くのユーザーが制御できるようにします。Android 13もその流れを踏襲しています。

新しいフォトピッカー

Android 13における変更の1つとして、新しい安全な「フォトピッカー」があります。

これまではAndroidアプリとドキュメントを共有する場合、ポップアップするドキュメントピッカーは最も安全な機能となっていました。アプリがすべてのドキュメントにアクセスできるわけではなく、選択したドキュメントだけにアクセスできるからです。

それに対して、フォトピッカーはこれほど安全ではありませんでした。ですが、Android 13では状況が変わります。実際の動作は下のGIF画像を見てみて下さい。

photo picker multiselect
新しいフォトピッカー

Android 13で導入される新しいフォトピッカーはAndroid OS自体に直接組み込まれるため、ローカルストレージとクラウドストレージの両方の写真をアプリケーションを簡単に選択できます。さらに、この新しいフォトピッカー表示するためにAndroid 13は必須ではありません。Googleは、GooglePlayストアを通してすべてのAndroid 11およびAndroid 12のスマートフォン向けに提供する予定です(Android Goベースの電話を除く)。

新しいWi-Fiパーミッション

新しいWi-Fi権限について
新しいWi-Fiパーミッションについて

新しいプライバシー機能として、Googleは新しいWi-Fiパーミッションを導入しています。これは、近くのWi-Fiデバイスとの接続でアプリが位置情報の許可を取得する必要性を減らすものです。

これまでのWi-Fiパーミッションでは、近くのWi-Fiデバイスへのアクセスを必要とするアプリは、通常、位置情報のアクセス許可にもアクセスする必要があります。新しい「NEARBY_WIFI_DEVICES」ランタイム権限は、これらのアプリに、不必要な場所へのアクセスを必要としない新しいオプションを提供します。

Material Youデザインフレームワークの適用を拡大

マテリアルユーデザイン
Material Youで設定したアイコン

Android 12から導入された新しいデザインフレームワーク「Material You」は、壁紙の色に合わせて端末全体のボタンやツールの色が統一される機能です。適用すればアプリアイコンも統一できるようなっていますが、Android 12では対応するのがGoogle製のアプリのみでした。これが、Android 13ではサードパーティアプリのアイコンにも適用できるようになります。

最初はPixelデバイスでのみ機能しますが、Googleは「デバイスメーカーのパートナーと協力してより多くのデバイスに提供する」としています。

その他の機能

Android 13 の最初の開発者プレビューで登場するその他の新機能は以下の通りです。

  • クイック設定: カスタムのクイック設定タイルを提供するアプリの場合、開発者がオプションのプロンプトを介してユーザーに通知するのが簡単になります。
  • アプリごとの言語: バイリンガルのユーザーは、システムに1つの言語を使用し、特定のアプリ内で別の言語を使用したい場合があります。Android 13は、開発者がユーザーの好みの言語を設定または取得できる新しいプラットフォームAPIを使用して、これを簡単にします。
  • ハイフン: テキストがプリセットの境界線をオーバーフローすると、自動的にハイフンが付けられます。新しいバージョンのAndroidは、このシステムのパフォーマンスを200%向上させます。
  • プログラム可能なシェーダー: これにより、開発者はAndroidから直接、クールな波及効果、ぼかし、その他のアニメーションを呼び出すことができます。
    image3
  • Google Playシステムのアップデート: プロジェクトメインラインと呼ばれるこのシステムを使用すると、バージョンやメーカーなどに関係なく、GoogleがAndroidのアップデートを任意の携帯電話に送信できます。Android 13は、プロジェクトの範囲を拡大することで、このシステムをさらに強化します。

最後に、Googleは開発者に、「アプリを開発するときに大画面での利用を今までよりも考慮するよう」に促しています。これは大したことではないように思えるかもしれませんが、Googleがこれを要求してAndroid 12Lを開発しているので、Androidタブレットについて、Googleがこれまで以上に力を注いで行く事が予想されます。

Source: Andoroid公式ブログ

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする