あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Google Pixelの開発ロードマップがリーク、2025年までの同社の計画が明らかに

GooglePixel 7シリーズにおける成功が記憶に新しいが、それまでのGoogleのスマートフォンはPixel 6において批評家からの大きな評価を勝ち取るまでは、どちらかと言えば商業的には失敗が続いていた。

だが、同社が頑なに行ってきた「AIや機械学習など、ソフトウェア面での他社との差別化」という路線は功を奏し、Pixel 7 Proにおける超解像ズームのような、人々に驚きをもたらすような機能により、市場で一定の地位を勝ち取ってきたように思う。

では、今後Googleはどういった路線に進むのだろうか?今回、Android AuthorityはGoogle内部の情報筋から独占的に入手したとされる、「Pixelシリーズの2025年までの開発ロードマップ」について報じている。これがもし事実だとするならば、Googleは、Pixelラインナップを更に拡充する事を計画しているようだ。

2023年:Pixel 7a、Pixel Fold、そしてPixel 8シリーズ

まずは2023年の同社の計画だが、Android Authorityのレポートでは、Googleは、年次開発者会議「Google I/O 2023」のタイミングで「Pixel 7a」と「Pixel Fold」を発売するとしている。Pixelシリーズの廉価版であるAシリーズのここ数年の発売タイミングと、同社の第一世代の折りたたみ式スマートフォンの最近の噂とも一致している。両機種ともここ数カ月でかなりのリークがあり、Pixel 7aは6aを上回る素晴らしい機種になる可能性がありそうだ。ワイヤレス充電と90Hzディスプレイの噂の追加されてお値段据え置きと言う事になれば、6a以上の人気が出ることは間違いないだろう。

pixel fold 5k1

Pixel Foldに関しては、どうやらやはり高価格になりそうだ。噂では1,800ドルと言われており、日本での価格も20万円を越えそうだ。

Pixel 8と8 Proは来年の秋に発売される。まだ具体的な事は分からないが、最新の噂では、カメラ機能にまた大きな進化がありそうだ。

2024年:Pixel 8a、Pixel 9シリーズ

2024年には、コードネーム 「akita」と呼ばれるPixel 8aの計画がある。しかし、Pixel 7aの売れ行き如何によっては、Pixel 8aは登場しない可能性もありそうだ。Aシリーズ自体の開発を中止するのではなく、Aシリーズの更新を2年に1回にし、同様な施策をとっているiPhone SEにぶつける戦略らしい。果たして、その戦略が吉と出るか凶と出るか。

一方、Pixel 9シリーズは拡大する予定のようだ。通常のPixel 9(コードネーム不明)とPixel 9 Pro(コードネーム「komodo」)に加えて、GoogleはPixel 9 Proの小型版を発売したいと考えている。6.3インチのこのモデル(コードネーム「caiman」)は、事実上、現行のPixel 7のサイズになるが、大型のProモデルにある機能は全て搭載され、純粋にディスプレイサイズの違いになるようだ。これもまたAppleの影響のようで、GoogleはiPhone 14 ProとPro Maxのようなハイエンドスマートフォンでの成功を望んでいるらしい。

Pixel Foldの後継機の可能性についてだが、2023年のPixel Foldの結果次第で、計画が中止になる可能性もあるという。だが第一世代のハードウェアでそこまで完成度の高い物を出せるのか?そして1,800ドルの価格を考えるとPixel Foldの販売がそもそも成功する事が考えられないのだが、果たして同社は本当にPixel Foldを1世代だけで諦めてしまうのだろうか?

2025年: クラムシェル型Pixel Fold、Pixel 10シリーズ

2025年には、GoogleはSamsungのGalaxy Z Flipのようなクラムシェル型Pixel Foldを計画しているという。

galaxy zflip4 borapurple scaled 1

ただし、Googleはクラムシェル型Pixel Foldをリリースしない可能性もあるが、Pixel 10シリーズは2025年に当然ながら発売される。シリーズ展開は、標準のPixel 10と、大小のサイズで展開されるPixel 10 Proモデルだが、クラムシェル型Pixel Foldが中止した場合、このラインナップに、iPhone 14 Plusのような、Pixel 10 Plusとも言うべき、大画面サイズが登場する可能性があると言う。ただし、iPhone 14 Plusの需要の低さを考えると、果たしてこれが適切な戦略なのかどうかという疑問は残る。

2025年はさらにもう一台Pixel Foldの後継機が出る可能性もあるが、これも初代の結果次第だ.

Googleがデバイス、特にスマートフォン部門に更に注力していることは、以前も報じられている事から、今回のリークのようにPixelラインナップの更なる拡充を模索していることはつじつまの合う話だ。

ただし、いくらPixel 7シリーズが好評とは言え、Googleのスマートフォン売上高はAppleやSamsungの遙か下に位置する物で、Googleがこの差を埋めて行くにはまだまだかかるだろう。(そもそもそれが可能かという問題は置いておいて)

また、2023年も不況は続くとみられており、高価格帯のスマートフォンに注力することがリスクになる可能性もありそうだ。結局のところ、この報道がどの程度正確なのかは時間だけが教えてくれるが、GoogleがPixelシリーズについては諦めておらず、今後も挑戦を続けていくであろう事は確かなようだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする