Googleは、今後Pixelデバイスへの投資を加速していく可能性が高い

スポンサーリンク

CEOのSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏が全社的なコスト削減を決定したことで、Google9グーグル)は激動の時代を迎えている。そして、その激動の時代において、同社が生き残る道は、「ハードウェア」にあるとPichai氏は見ているようだ。

Google の最大のAndroid パートナーである Samsungが、多くの市場でシェアの減少を記録している中、Appleは前四半期の市場シェアで過去最高を記録している。The Informationの新たなレポートによると、Google は以前よりも Appleを問題視しているとのことだ。これは、規制当局が Google 検索をiPhoneに搭載するための独占的な契約について、規制を行うのではないかとの懸念からだ。iPhoneにGoogle広告が表示されなくなった場合、Appleの台頭とSamsungの衰退は、実際にGoogleの収益にとって大きな問題となり得る要素の1つと言える。

さらに、The Informationによると、Googleはこの問題の解決策を自分たち自身で行う事を考えている用だ。つまり、Samsungの「さらなる衰退」に対するヘッジとして、GoogleはPixelハードウェアへの投資を「倍増」させようとしている。Googleはこれを、”Google以外のハードウェア向けの機能に取り組んでいる製品開発およびソフトウェアエンジニアリングのスタッフを、Googleブランドのデバイス部門に異動させて働かせる“ことで行っているとのことだ。

これは、Google以外の製品へのサポートを犠牲にしている可能性に繋がる。Androidのサポートはどうやらそのままのようだが、自動車向けアシスタントやサードパーティーのハードウェア全般への投資は少なくなると言われている。Hsiao氏ら幹部は、社員をアシスタントやGoogle TVから離脱させることを検討していると報じられている。

The Informationによると、Googleはコメントを拒否している。しかし、同社にはハードウェア事業でリスクを取る理由があるのかもしれない。Androidはその優位性を失おうとはしていないが、不足が続けば、iPhoneの検索取引が無難に続いても、Googleにとって重要なモバイル広告収入を食いつぶすことになりかねない。

最大の問題は、Googleがハードウェアへの取り組みを十分に成長させ、問題に対するヘッジとして機能させることができるかどうかである。Googleは昨年のPixel 6と発売されたばかりのPixel 7でスマホのラインナップを活性化させたが、これが売上向上につながったとはまだ言えない。2021年にAppleとSamsungそれぞれ2億台を大きく超えるスマホを出荷したのに対し、Googleはわずか450万台しか販売していない。Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーは好調だが(生涯販売台数ではAmazonに次ぐ2位)、同社は初の自社製スマートウォッチを作ったばかりだ。また、数年ぶりにタブレットの分野にも再参入している。

Googleは自社のハードウェアに注力するつもりだが、既存のハードウェアメーカーを完全に切り捨てているわけでもないと報じられている。報告書によると、「Googleは、最高のGoogleサービスを開発すべきプレミアムAndroid携帯のパートナーとして、Samsungと中国ブランドのOnePlusとXiaomiを特別視している。しかし、アシスタントチームのようなGoogleグループから同じ注目を浴びないかもしれない他のメーカーの長いリストを残しています。」としている。

お気に入りのハードウェアメーカーを選ぶことは、最近のWear OS 3の展開によく似ている。 あのOSは1年間Samsung独占で、ファッションブランドFossilのような小さなOEMは冷遇されたままだった。Pixel Watch を発売するとき、Google は自分専用の Fitbit アプリを作り、その公開フィットネスプロジェクトである Google Fit を新しい Wear OS 3 に移植しなかった。 今週、新しい Fossil Gen 6 ウォッチがついに Wear OS 3 で発売されるが、今では Google フィットネスソリューションはありません。Googleは、Fossilの時計が搭載する低速のWear 4100 SoCでのWear OS 3アシスタントの開発を優先しなかったため、これらの時計にもGoogleアシスタントが搭載されなくなったのだ。

これらの変更による実際の実用的な結果には注目したいところですが、Wear OSはすでに、Googleハードウェアへの注力、特定のパートナーへの優先順位付け、他のパートナーのGoogleアシスタントサポートの減少を示している。このレポートに書かれていることは、すべてすでに起こっていることだ。Googleハードウェアの最大の弱点は、対応国のリストが非常に少ないことだろうが、それはPixel 7の発売で少し増えただけだ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA