Google、YouTube上でプレイ出来るオンラインゲームをテスト中と報じられる

masapoco
投稿日 2023年6月27日 14:25
th youtube logo min

Googleがクラウドゲームサービス「Stadia」を正式に終了してから約半年が経過したが、同社がYouTubeを通じて同様の製品を発表する可能性があるようだ。Google傘下の動画共有プラットフォームは、デスクトップ上のYouTube Webサイト、またはiOSやAndroid端末のYouTubeアプリからゲームをプレイできるオンラインゲームをテストしていると、The Wall Street Journalが報じている。

WSJ紙の報道によると、GoogleはYouTubeの従業員に対し、“Playables”と呼ばれる製品をテスト中であることを社内メールで伝えたという。これは、ユーザーに「YouTubeのブラウザやiPhoneのモバイルアプリで直接起動できるゲームで、ユーザー間で簡単に共有できる 」とのことだ。

まだ公開されていないため、この計画されているゲームのプッシュについてはほとんど情報が共有されていない。しかし、「Stack Bounce」というシンプルなレンガを割るゲームがリークされている。

同社の広報担当者は声明で「ゲームは長い間YouTubeの焦点でした。我々は常に新しい機能を実験しているが、今発表することは何もありません」と、述べている。

GoogleとYouTubeが取っているアプローチは、以前から他社が取っているアプローチに酷似している。それは、FacebookとNetflixだ。どちらもユーザーにゲームを提供しているが、手段は異なる。

例えばFacebookは、ブラウザと “Facebook Gaming”と呼ばれるアプリを使って、通常モバイルで見られるゲームをプレイできるようにした。このアプリは2022年に閉鎖されたが、ゲームは今でもFacebookのWebサイトとFacebookアプリで利用できる。

Facebookのゲームプラットフォームで見られるアプリは、シンプルなパズル、アイドル、マッチングゲームなどが多い。YouTubeのPlayablesの初期の説明は、Facebookのアプローチを模倣しているようだ。

Netflixは、より現代的なアプローチでゲームを推進している。ユーザーはフルサイズのタイトルをダウンロードし、Netflixアカウントからサインインしてプレイすることができる。

ただし、YouTubeがPlayablesを公開した場合、どのように収益化する予定なのかは書かれていない。もしこのサービスが、失われた広告収入を補うために提供されるのであれば、ゲームは無料でプレイでき、マネタイズのためにスキップできない広告が挿入されるのではないだろうか。他の戦略もあるかもしれないが、何らかの形でマネタイズが行われる事だろう。

Googleの幹部は、自分たちはゲームに真剣であり、ライブストリームやその他のビデオを見るために自分たちのプラットフォームを訪れるゲーマーを利用したいと語っている。しかし、もし提供されるゲームの内容によっては、ゲーム市場に対する信じられないほどの無理解を示すことになる。

Googleがこのサービスをリリースしない可能性もある。しかし、もしリリースされたとしても、同社の他の多くの墓場に埋められているアイデアと同様、リリース後しばらくして中止される可能性も十分あり得るだろう。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • woman image
    次の記事

    Metaのオープンソース大規模言語モデル「LLaMA」を悪用して“セックスボット”を開発する者が現れる

    2023年6月27日 15:46
  • 前の記事

    Meta、VRゲームサブスクリプションプラン「Meta Quest+」を発表

    2023年6月27日 13:48
    meta quest plus vr subscription story

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事