あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleは一部業務をAIに置き換え従業員の解雇を行っていると報じられる

AIは果たして人間の仕事を奪うのだろうか?実際に仕事を奪われた人の訴えも聞かれるが、一部ではAIが新たな仕事生み出しているとの意見や、奪うのではなく補助するだけだと言う意見まである。

だがThe Informationの新しいレポートによると、AI開発の最前線にいるGoogleについて言えば、同社の新しいAIツールによって一部の業務を自動化することに成功しており、営業職の配置転換や解雇を検討しているとのことだ。

最終的にどれだけの人間が影響を受けることになるかは不明だが、これはこれから訪れるAI時代の明らかな兆候だろう。ネット広告のAI活用については、今年初めから始まった。GoogleはAI技術を活用し、既存の広告やランディングページからコンテンツをスクレイピングする「自動作成アセット」を含む「新しい広告体験の提供」を試みている。

同社の「Performance Max」機能によって作成されたこれらの広告の一部は、クリック率に基づいてリアルタイムで変化し、視認性を最大化することもできる。

The Informationによると、”Performance Maxを採用する広告主が増えている”ため、”特定のGoogleサービスの広告を専門に販売する一部の従業員が不要になった “という。

また同誌によれば、同社の3万人いる広告部門のほぼ半分が、かつてはこの種の業務に専念していたという。

Googleの収益の大部分を広告が占めているため、これは同社のビジネスにとって特筆すべき変化だ。人間の労働者を置き換えることで、コスト削減による利益率の向上を狙っているのだろう。

AIによる仕事の自動化の影響を受けている業界はすでにいくつかある。今年初め、IBMのArvind Krishna CEOはBloombergに対し、同社はAIが行う可能性のあるあらゆる仕事について、採用を遅らせるか停止していると語った。「5年間で、AIやオートメーションに取って代わられる仕事の30パーセントは容易に想像できる」と述べていた。

AI技術の台頭の中で、特に特定の低レベルの仕事が俎上に載せられている。

インドの電子商取引プラットフォーム「Dukaan」は、最高経営責任者(CEO)、Suumit Shah氏が、業務の多くをAIに置き換え、従業員の90%を削減したことをSNS上で発表し話題となったが、同氏は、「(顧客サービス)チーム全体をボットに置き換えることは、私にとっては当然のことでした。100 倍賢く、即時性があり、サポート チームに支払っていた料金の 100 分の 1 くらいの費用で済みます」と、Washington Post紙に語っている。」

McKinsey Global Instituteの調査によると、この傾向は予想以上に加速する可能性があるという。

Goldman Sachsは今年初めの調査報告書で、AIによって約3億人の雇用がまもなく失われる可能性があることを明らかにしていたが、それがいよいよ現実味を帯びてきたのではないだろうか。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする