Googleが支援するAIスタートアップAnthropicが新たに4億5000万ドルの資金を調達

masapoco
投稿日
2023年5月24日 16:32
Fundraising Blog

元OpenAIのスタッフが共同設立した著名なAIスタートアップのAnthropicが、Spark Capitalが主導するシリーズC資金調達ラウンドで4億5千万ドルを調達した事を発表した。

Anthropicは、このラウンドで自社の事業がどの程度評価されたかを公表していない。しかし、The Informationは3月上旬に、同社が41億ドル超の評価額での資金調達を模索していると報じていた

今回の資金調達には、Google(Anthropicの優先クラウドプロバイダー)、Salesforce(Salesforce Ventures経由)、Zoom(Zoom Ventures経由)などの大手企業が、Sound Ventures、Menlo Ventures、その他非公開のVCとともに参加している。これは、AIを使用して会話やテキスト処理の幅広いタスクを実行するAnthropicの技術の将来性に対する強い信念を示すものだと思われる。

「私たちは、このような一流の投資家とテクノロジー企業がAnthropicの使命をサポートしてくれることに感激しています。我々は、これらの一流の投資家やテクノロジー企業が、Anthropicの使命である、安全を最前線に置くAIの研究と製品を支援していることに感激しています。私たちが構築しているシステムは、現在、そして将来的に企業や消費者にポジティブな影響を与えることができる信頼性の高いAIサービスを提供するために設計されています」と、CEOのDario Amodei氏は声明の中で述べている。

Spark Capitalのゼネラルパートナーで、シリーズCに関連してAnthropicの取締役会に加わったYasmin Razavi氏は、プレスリリースで「Sparkの私たち全員が、信頼できる誠実なAIシステムを構築するというミッションにおいて、DarioとAnthropicチーム全体と提携できることに興奮しています」と述べている。「Anthropicは、安全で有能なAIシステムを構築することに専念する世界クラスの技術チームを編成しています。Anthropicの製品と研究に対する圧倒的なポジティブな反応は、我々の社会における繁栄の新しいパラダイムを解き放つためのAIの幅広い可能性を示唆しています」。

新たな4億5000万ドルの資金調達によって、Anthropicの調達資金はなんと14億5000万ドルに達している。これは、AI分野で最も資金力のあるスタートアップのリストのほぼトップで、現在までに総額113億ドル以上を調達しているOpenAIに続く物だ。競合のInflection AIは、AI搭載のパーソナルアシスタントを構築するスタートアップで、2億2500万ドルを確保しており、Anthropicの別のライバルであるAdeptは、約4億1500万ドルを調達している。

OpenAIの元研究担当副社長であるAmodei氏は、OpenAIの元政策担当のJack Clark氏を含む多くのOpenAI社員を引き連れて、2021年に公益法人としてAnthropicを立ち上げた。Amodei氏は、OpenAIの方向性、すなわちスタートアップがますます商業的にフォーカスしていくことをめぐって意見が対立し、OpenAIから離脱した。

Anthropicは現在、OpenAIのほか、CohereやAI21 Labsといったスタートアップと競合しており、いずれも独自のテキスト生成(場合によっては画像生成)AIシステムを開発・製品化している。しかし、この会社にはもっと大きな野望がある。

この次世代アルゴリズムは、AnthropicのチャットボットであるClaudeの後継で、まだプレビュー中だが、APIを通じて利用可能だ。こうした点では、OpenAIのChatGPTと似ている。しかしAnthropicは、3月にリリースされたClaudeが、代替品よりも「有害な出力を出す可能性がはるかに低く」、「会話しやすく」、「(はるかに)操縦しやすい」ことを主張している。

Anthropicは、自社のClaudeが有害になりにくい理由として、「憲法AI」と呼ばれるAIを訓練する技術により、「憲法」によって定義された「価値」をシステムに植え付けることで、システムの挙動を理解しやすく、必要に応じて調整しやすくすると主張している。憲法AIは、基本的にAIを人間の意図に沿わせる方法を提供しようとするもので、システムがシンプルな指針のセットを使って質問に答えたり、タスクを実行したりすることを可能にするものだ。

Anthropicは、生成AIの優位性を追求するために、最近、文脈ウィンドウ(基本的にClaudeの「記憶」)を9000トークンから10万トークンに拡張した。一般的なAIモデルの中で最大のコンテクストウィンドウを持つClaudeは、これまでの数分レベルの記憶力とは異なり、数時間、あるいは数日間、比較的まとまった会話をすることができ、数百ページのドキュメントを消化・分析することができるようになった。

だが、Anthropic社は、次世代モデルには1025 FLOPs(浮動小数点演算)が必要になると予想している。もちろん、これが計算時間にどう反映されるかは、計算を行うシステムの速度と規模に依存する。しかし、Anthropicは、以前「数万個のGPU」を持つクラスタに依存し、今後18ヶ月間でおよそ10億ドルの支出が必要であることを示唆している。

「シリーズCの資金調達で、私たちは製品提供を拡大し、市場で責任を持ってクロードを展開するビジネスをサポートし、AIの安全性研究を進めることを望んでいます。私たちのチームは、AIシステムが敵対的な会話をよりよく処理し、正確な指示に従い、一般的に彼らの行動や制限についてより透明であることを可能にするAIアライメント技術に焦点を当てています」。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 1684788920997 9f67d7c3 4c17 4fc9 a1eb 049c1cb1790b
    次の記事

    人間の脳波からAIが「高画質」な映像を再構成することに成功

    2023年5月24日 18:25
  • 前の記事

    Zotac、世界初のソリッドステート冷却技術「AirJet」を採用したミニPCを発売

    2023年5月24日 16:04
    zotac zbox
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事