あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Googleは、Pixel 8 Proに待望の「動画ブースト」やその他のカメラ機能を追加する、かなり大きな12月のFeature Dropを展開した。

Pixel Feature Dropは、Pixelデバイスのための新しいツールや機能のコレクションだ。壁紙の変更からPixel専用アプリのアップデートまで、あらゆるものが含まれる。ただし、古いPixelスマホは、いくつかの機能が適用されないことも注意が必要だ。すべての機能を試したい場合は、最新のGoogle Pixel 8 Proが必要となる。Pixel 4aより古い機種をお持ちの場合は、Feature Dropを受け取ることは出来ない(この非対応機種にはPixel 4も含まれる)。

Pixel Feature DropはAndroidのリリースではないので、バージョン番号に変化はない。Feature DropからAndroidに移行した機能は、毎年のAndroidアップデートに含まれる。

Gemini nano

GoogleのGPT-4対抗製品Geminiは、12月のFeature Dropと同時にリリースされた。Gemini Nanoと呼ばれるスリム化されたバージョンは、Pixel 8 Proでのみ利用可能で、2つの新機能を搭載している。

「Smart Reply for Gboard」は、テキストメッセージへの返信を自動生成する機能だが、現在はWhatsAppの開発者プレビューとしてのみ提供されている。そして「要約」は、レコーダーアプリで録音した音声の要約を箇条書きで生成する。

カメラ

動画ブーストとビデオ夜景モード

動画ブーストは、Pixel 8 ProカメラとTensor G3チップをGoogleのクラウド処理機能と組み合わせ、、動画をより忠実に再現できる強力なツールだ。(なぜかPixel 8では利用できない)色やライティングを改善し、手ぶれ補正や映像のざらつきを抑えることができる。

カメラアプリで動画ブーストを有効にした後、通常通りに録画すれば、すぐに視聴/共有できる加工前のクリップが得られる。同時に、Googleは動画ブーストの特別なフォーマットをキャプチャし、サーバーに送信する。Wi-Fi待ちのアップロードと処理の両方に時間がかかるが、完了するとGoogleフォトの通知が届くが、2つ目の録画はデバイスの容量を節約するために削除される。

また、動画ブーストは、低照度条件下での録画時に豊かなディテールと色を見ることができるビデオ夜景モードの撮影にも対応する。

また、Pixel 8とPixel 8 Proは、”低照度下でも鮮やかで詳細なタイムラプス動画を記録できる”ようになった。スマホが安定している時(三脚の上)に、変化する夕空を記録できる。

その他のカメラ機能

写真撮影の面では、Googleフォトのポートレートライトツールに新しい「バランスライト」オプションが追加され、新しい写真や古い写真からきつい影を取り除くことができるようになった。

また、「フォトアンブラー」によって、動物の写真をよりシャープにする事が出来る。

Pixel Foldのデュアルスクリーンプレビューでは、内側のディスプレイで見ているものをカバースクリーンに映し出すことができる。

Fold inner and outer screens pho.width 1000.format webp 2NOVk8Y

また、クリーン機能によって、使えば、スキャンした書類から汚れやシミ、折り目をカメラアプリから直接取り除くことができる。これは、Google Driveアプリがレシートスキャナーを刷新したのに続くものだ。

Pixel 8 Pro Receipt beforeafter .width 1000.format webp

最後に、ケーブルで2つを接続すると、Pixelをラップトップ/デスクトップのウェブカメラとして使用できる。接続後に表示される通知を開き、”USBカメラとして使用する”を選択すると利用可能だ。これはPixel 6以降とFoldで利用できる。

Pixel Watch

2022年のCESで初めて発表された「ウォッチ認証」を、GoogleはついにPixelデバイス間で展開する。Pixel Watchを装着している場合は、Pixelフォンのロック解除時にパスコードを要求しなくなる。画面上部には「ウォッチにより認証された」というメッセージが表示される。その電話が誤ってロック解除された場合、ウェアラブルの通知で素早く「ロック」することも可能だ。この機能は、Pixel WatchとPixel 5a以降の両方で利用できる。

また、初代Pixel Watchに6つの新しいフェイスとコンプリケーションスタイル(円弧と再設計された電球)も追加された。

Pixel WatchまたはWatch 2がTensorを搭載したGoogleスマートフォンとペアリングされている場合、自動通話画面は手首に会話の概要を表示する。これにより、無視したり、返事をする前に詳細を確認したりすることが可能だ。

その他の機能

  • 修理モードは、携帯電話を修理に出す際に、個人データやアプリの安全を保つ。
  • 時計アプリとウィジェットにオプションで天気が表示されるようになった。

Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする