iPhone 12から基準を超える電磁波が検出されたとしてフランス当局が流通差し止めを要請

masapoco
投稿日
2023年9月14日 6:21
iphone 12

フランス国家周波数庁(ANFR)は、iPhone 12が人体に吸収される限度を超える電磁波を放射しているとして、Appleに対し、フランス市場からiPhone 12を撤退させるよう要請した。

同機関は、様々なベンダーの140以上のモバイルデバイスをテストし、比吸収率(Specific Absorption Rate: SAR)値への準拠をチェックした。

SARとは、測定源(この場合は携帯電話)から人体に吸収されるRF(高周波)エネルギーの割合を示す指標である。キログラムあたりの電力のワット数で測定され、これは、電波によるエネルギー伝達への曝露を評価する指標となる。

著しく高いSARレベルが測定される

世界中の多くの規制機関は、消費者がリスクを最小限に抑えて電子機器、特に携帯電話を楽しめるように、SARレベルの安全制限を定めている。

米国の連邦通信委員会(FCC)は、SARの制限値を1.6W/kgに設定しているが、欧州連合理事会は、体幹に対しては2.0W/kg、手や手首のような影響を受けやすい肢体に対しては4.0W/kgの制限値を推奨している

ANFRによると、最近、フランス市場で販売されている141台の携帯電話について、認定試験所と契約して測定を行ったところ、iPhone 12の手足に対するSAR値は5.74W/kgで、制限値4.0W/kgを43.5%上回っていた

そのため、同局はAppleに対し、フランス市場からiPhone 12をすべて撤去し、欧州の規制に適合させるために必要な措置をとるよう要求している。

AppleがSAR値超過の是正に応じない場合、同局は同製品の強制回収を行うとしており、現在iPhone 12を所有しているユーザーは、同製品をベンダーに返却し、交換品を受け取らなければならなくなる。

ANFRは、比吸収率(SAR)が設定された制限値を超えていることを示す測定値として、2023年9月12日付でiPhone 12をフランス市場から撤退させるようAppleに要求しました。

ANFRはAppleに対し、コンプライアンス違反に終止符を打つために利用可能なあらゆる手段を展開することを期待しています。対応に失敗した場合、すでに消費者に提供されている機器の回収が行われることになります。

Agence Nationale des Fréquences

ANFRは、iPhone 12のユーザーの「体幹」に対するSAR測定値は、2.0W/kg以下と制限内であると指摘している。

ファームウェアアップデートで問題解決か

すでに発売された携帯電話のSAR値を下げることは、デバイスの物理的特性とデザインが確定しているため困難であり、遮蔽材料を追加したり変更したりすることは事実上不可能である。

だが、フランスのJean-Noël Barrot副大臣(デジタル経済担当)はLe Parisien紙に、iPhone 12に関連する放射線の問題はソフトウェアアップデートで対処できると述べた。Appleは2週間以内にフランスの要請に応じなければならないが、応じない場合は2020年に発売された同デバイスのリコールを行う用意があるとBarrot氏は述べた。

「現実的には、この決定は雪だるま式に影響を及ぼす可能性がある」と、同氏は付け加える。

ANFRは、今日からフランスでiPhone 12モデルが販売されていないことを確認すると述べた。

Appleは、世界で適用されるすべてのSAR規制と基準に準拠していることを証明する複数のAppleと独立した第三者機関の検査結果をANFRに提供したと述べている。同社はさらに、AFNRの審査結果に異議を唱えており、遵守していることを示すために引き続き同機関と関わっていくと付け加えた。

2020年、フランスは小売業者に対し、携帯電話だけでなく、タブレット端末などの他の電子機器も含めて、商品のパッケージに放射線量を表示することを義務付ける規則を拡大するなど、特に厳しい規制で知られている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • stangel 2022 0470
    次の記事

    OpenAI、EUからの規制に備えアイルランド・ダブリンにオフィスを開設

    2023年9月14日 6:55
  • 前の記事

    地球から最も近いブラックホールは想像以上に近い位置にある

    2023年9月13日 18:12
    blackhole
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事