あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

アメリカのJoe Biden大統領がChatGPTをはじめとする“生成AI”に関するルールを定める大統領令に署名した。

この大統領令は、法制化に先立って発布され、8つの主要な目標を設定している。その目標は:

  • AIの安全性とセキュリティに関する新たな基準を設ける:これには、一部のAI企業に安全性テストの結果を連邦政府と共有することを義務付けること、商務省にAIの電子透かしに関するガイダンスを作成するよう指示すること、重要なソフトウェアの欠陥を特定するのに役立つAIツールを作成できるサイバーセキュリティプログラムを作成することなどが含まれる。
  • AIに使用されるプライバシー保護技術を評価するために各省庁が使用できるガイドラインを作成するなど、消費者のプライバシーを保護する
  • AIアルゴリズムが差別を助長することを避けるためのガイダンスを家主や連邦政府請負業者に提供し、AIが量刑、リスク評価、犯罪予測に使用される場合を含め、司法制度におけるAIの適切な役割に関するベストプラクティスを作成することで、公平性と公民権を推進する。
  • 保健福祉省に対し、AIに関連する有害な可能性のある医療行為を評価するプログラムを作成するよう指示し、教育者が責任を持ってAIツールを使用する方法に関するリソースを作成することで、消費者全体を保護する。
  • AIの潜在的な労働市場への影響に関する報告書を作成し、連邦政府が労働市場の混乱によって影響を受ける労働者を支援する方法を研究することによって、労働者を支援する。
  • 気候変動などの分野におけるAI研究への助成金を拡大し、重要な専門知識を持つ高度熟練移民労働者の米国滞在基準を近代化することで、イノベーションと競争を促進する
  • 国際的なパートナーと協力し、世界中でAI標準を導入する
  • 連邦政府機関によるAIの使用と調達に関するガイダンスを策定し、この分野に熟練した労働者の政府雇用を加速させる

政府高官によると、他の大統領令と同様、これには「法的強制力がある」という。

ホワイトハウスのBruce Reed副長官は声明の中で、「この命令は、AIの安全性、セキュリティ、信頼性に関して、世界のどの政府もこれまでにとったことのない最も強力な一連の行動」であると述べた。

Biden大統領の大統領令は、大企業がAIシステムを正式にリリースする前に、安全性テストの結果を米国政府と共有することを求めている。また、国立標準技術研究所がAIの「レッドチーム」、つまりシステム内の防御や潜在的な問題をストレステストするための基準を開発することを優先する。商務省は、AIが生成したコンテンツに電子透かしを入れるための基準を策定する。

政府高官は、これらの安全ガイドラインは主に未来のAIモデルに適用されると報道陣に説明した。既存のモデルには、既に存在する反差別ルールが適用される。

プライバシー保護のため、ホワイトハウスは、議会にデータプライバシー規制の制定を促している。また、「プライバシーを保持する」技術と手法の開発に連邦政府の支援を求めている。

この大統領令の一部は、AIを用いて差別を引き起こすことを防ぐための措置も計画している。それには、アルゴリズムによる差別を対処し、量刑、仮釈放、監視技術を使用する際の公平性を確保することが含まれている。さらに、連邦福祉プログラムや契約に関するガイドラインを提供し、AIが差別を悪化させるのを防ぐよう、各政府機関に指示している。

労働市場へのAIの影響に関する報告書の作成や、AIエコシステムで働く労働者数を増加させる措置も指示されている。ホワイトハウスはまた、学生やAI研究者に重要な情報を提供し、小規模企業に技術的支援を提供する「国立AI研究リソース」の立ち上げを命じた。

ただし、大統領令は恒久的な法律ではなく、一般的にはBiden政権の任期中だけ有効である。AIに関する法制度はまだ議論の段階にある。

業界のオブザーバーと専門家は、この大統領令が生成AI周りの基準を提供する一歩として評価している。特に、Credo AIの創設者であり国家人工知能諮問委員会のメンバーであるNavrina Singhは、大統領令は米国が生成AIに対して真剣であるという強力な信号であると述べている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする