人間型ロボット開発のFigureがMicrosoftとOpenAIから5億ドルを調達へ

masapoco
投稿日
2024年2月1日 14:16
figure robot

人型ロボットを開発しているFigure社が、MicrosoftとOpenAIが主導する大規模な資金調達ラウンドで5億ドルの調達を交渉しているようだ。

Microsoftは約9500万ドル、OpenAIは500万ドルの出資を検討していると報じられており、この件に詳しい関係者の話では、この取引が成立すれば、Figureの評価額は19億ドルになる可能性があり、世界的に最も価値のあるAIスタートアップのひとつとなる。同社は2023年に7,000万ドルの資金調達を行ったが、その時の評価額は10億ドルを超えていた。

2022年に設立されたFigureは、器用で安全な人型ロボットの開発に取り組んでいる。同社初のロボット「Figure 01」は、建設や消防など、人間には危険すぎる仕事をこなすために設計されている。同社は、そのロボット技術が様々な産業における労働力不足に対応できると考えている。

この新たな投資により、Figureは研究開発活動を大幅に拡大することができる。同社は現在、機械工学、コンピューター・ビジョン、機械学習などの分野から150人以上のロボット工学者やエンジニアを雇用している。フィギュアは最終的にはロボットを商業的に展開し、収益を上げたいと考えている。

関心と投資が高まり、ロボット産業は活況を呈している。既にOpenAIは1X社に支援を行っており、同社はロボットの開発のために1億ドルを調達したばかりだ。XiaomiやTeslaといった競合他社も、ヒューマノイド・ロボットの技術を進化させている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • onedrive 3 1
    次の記事

    Microsoft、個人ユーザー向けに新たなデザインのOneDriveを展開開始

    2024年2月1日 14:39
  • 前の記事

    経済的なストレスは身体の健康に直接的な大きな影響を与えるかも知れない

    2024年2月1日 13:57
    money stress
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事