宇宙を漂う塵の中に宇宙人の生命の痕跡がある可能性があることが、東大の新しい研究から示唆された

masapoco
投稿日
2023年3月29日 15:53
meteor

東京大学の研究チームによる新たな研究では、太陽系外の惑星から来るエイリアン微生物が、宇宙塵の粒子に乗って地球にやって来る可能性があると述べられている。この論文によると、これらの生命体が宇宙を横断する旅を生き抜くことができなくても、古代の化石や、その宇宙塵が発生した惑星に生命があるならば、宇宙塵の粒子からDNAの断片を見つけることが出来る可能性があるとのことだ。

現在、これらの粒子を分析するための計画は具体化されていないが、論文の筆頭著者である東京大学の戸谷友則教授は、地球の軌道上で太陽系外の塵の粒子を探すだけでなく、地球の深海や南極の氷に埋まっているかもしれないとThe Debriefに語っている。また、非常に小さな塵の粒子でも、他の惑星に生命が存在することを証明するのに十分である可能性があると彼は述べている。

戸谷友則教授は、The Debriefへのメールで、「最適なサイズは1マイクロメートルであると提案しました。なぜなら、それは最小の微生物のサイズと比較可能だからです。このような粒子は、太陽放射圧のため、簡単に母星の惑星系から放出されます」と、語っている。

彗星や隕石などの宇宙天体が惑星と衝突すると、しばしばその惑星の物質を宇宙空間に放出する。この理論では、宇宙塵の粒子に微生物の生命体が存在し、それらが宇宙を横断して地球に到達すると、その微生物が残っている可能性が示唆されている。

もちろん、宇宙の真空や、このタイプの粒子が生命を持つ惑星から地球へ到達するのに何百万年もかかる可能性があるため、これらの生命体が旅を生き抜く確率は、我々の理解ではほぼゼロだ。しかし、宇宙空間の氷点下の温度で長い旅程に凍結された小さな生命の断片や化石の形で、エイリアン生命の兆候は残っているはずだ。

そのため、戸谷教授は、他の惑星に生命が存在する兆候を探す人々は、これらの宇宙塵の粒子を調べるべきだと述べている。

教授は次のように説明する。「太陽系外の生命を探すということは、通常、知的生命の存在を示すコミュニケーションの兆候を探すことを意味しますが、それは技術を持たない生命を排除します。または、生命の存在を示唆するような大気のサインを探すことですが、直接的な確証がなければ、生命が必要でない説明が常にあるでしょう。しかし、塵の粒子に生命の兆候があるならば、私たちは確信を持ってそれを知ることができるだけでなく、すぐに見つけることもできます」

太陽系外の惑星から来る宇宙塵の粒子の数を簡単に数える方法はないが、戸谷教授のモデルは、この数が考えられるよりもはるかに大きいことを示唆している。実際、彼は、驚くべきことに、太陽系外の惑星からの宇宙塵の粒子が定期的に我々の大気に入る可能性があると計算している。

「私は毎年約100,000個の粒子が地球に落下していると計算しています」と、戸谷教授は新しい研究論文の発表で説明しました。

戸谷教授は、地球上でこれらの破片を見つけ、遠く離れた惑星から来たことを確認することは非常に困難ではあるが不可能ではないとThe Debriefに語っている。そして、彼は最も良い場所は、これらの塵の粒子がほぼ原状で保存されている場所だ。

「私は南極の氷が最も良いだろうと推測しています。なぜなら、そこが最も環境が清潔だからです」と、戸谷教授はThe Debriefに語っています。「惑星間の塵の粒子は、すでに南極の氷や深海の堆積物で収集されているので、量の問題です」

しかし、教授は、太陽系外の宇宙塵を収集し、それらが確かに太陽系外の惑星から来たものであると確信する最善の方法は、地球上で探すのではなく、それらがまだ宇宙にある間に捕らえることだと提案している。

「宇宙でこれらの粒子を収集する場合、粒子の軌道を測定できます。そのため、粒子が太陽系外から来たことがわかります」

教授は、近い将来に現実のミッションにつながる可能性があると述べている。

「私は、将来の技術開発によって、太陽系外からの粒子を収集できるようになると信じています」と戸谷教授はThe Debriefに語りました。

南極の氷、海底、あるいは地球の軌道上で宇宙塵を収集する将来のミッションを計画する際、戸谷教授は、最初に各取り組みにどれだけの作業が必要であるか、必要な費用や機器を特定することが第一歩であると述べている。この目的に向けて、戸谷教授はThe Debriefに、この分析が明らかな第一歩であり、自分は準備ができていると述べている。

「まず、実際のプロジェクトの実現可能性を検討する必要があります。そして、次のステップとして、助成金の申請を検討することができます」と、戸谷教授は述べている。

このような宇宙塵の収集と分析は、地球外生命の存在を確かめるための新たな手段となります。戸谷教授の研究は、私たちが宇宙における生命の可能性について理解しようとする努力に貢献しており、将来的には実際のミッションを実現させる可能性がある。それにより、地球外生命の証拠を探すための新たな道が開かれることだろう。


論文

参考文献

研究の要旨

地球上の生命とその起源を理解するためには、太陽系外の生命徴候を探索することが重要である。しかし、太陽系外惑星大気のリモートセンシングで生命を明確に検出することは困難であり、不可能かもしれない。ここでは、天の川銀河の外惑星から小惑星の衝突によって放出され、太陽系に移動した粒を集めるという別のアプローチを考えている。この目的に最適な粒径は1μm程度で、不確実性は大きいものの、毎年105個程度の粒が地球に衝突していると予想され、その中には母星に存在した生命のバイオシグネチャーが含まれているかもしれません。これらの粒子は、今後の技術開発によって、宇宙空間に設置された検出器で収集されたり、南極の氷や深海の堆積物から抽出されたりする可能性がある。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • future of life
    次の記事

    1,100 人以上の著名な科学者・実業家らが、「すべての AI ラボを少なくとも 6 か月間直ちに一時停止する」よう求める公開書簡に署名

    2023年3月29日 16:09
  • 前の記事

    Spotify、簡単に独自プレイリストを作成する機能「Niche Mixes」を発表

    2023年3月29日 14:29
    Spotify Mixes PR 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • future city

    先進文明はいつまで我々とコミュニケーションを取ろうとするのか?

  • ET Communication

    AIによってさまざまな種類の高度宇宙文明間の相互作用をシミュレート

  • dec06bb6d66ea80cca8198b1806c3ee0

    いくつかの知的文明は、その星に閉じ込められるだろう

  • SOFIA 1024x811 1

    小惑星表面で水が発見された

  • 1.22.24webbtelescopestephan quintetorigcrop3 e1707612198512

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はダークマターの1つの理論を直接検証できる

今読まれている記事