デスクトップGPUの販売台数が過去数十年で最低に

masapoco
投稿日 2023年6月9日 9:46
asus gpu

Jon Peddie Researchは、2024年第1四半期のGPU市場シェア結果を発表し、NVIDIA、AMD、Intelの出荷台数が大きく減少したことを明らかにした。

GPU市場は減速

レポートによると、GPU AIB市場全体の出荷量は、前四半期比で-12.6%、前年比では-38.2%減少した。装着率は8%増とわずかな差ではあるが、前年比では-21%減となった。数字の上では、AIBは2023年第1四半期に630万枚のディスクリートグラフィックスカードを出荷した。

市場占有率では、NVIDIAの市場占有率は84%に低下したが、依然として市場のリーダーとして君臨している。一方、AMDのシェアは12%と横ばいであり、Intelのシェアが4%に拡大した。

「新型AIBの出荷は、インフレ懸念やレイオフによるPC市場の落ち込み、サプライヤーが在庫を減らすために前世代ボードを購入したことなどに影響された。在庫が一掃されたことで、新世代ボードの販売は回復するだろうが、第3四半期までは無理だろう。JPRの創設者兼社長であるJon Peddieは、「第2四半期は伝統的に減少する四半期であり、今年も同様であるが、おそらく予想されるほど深刻ではないだろう」と述べています。

JPRは1987年から四半期ごとにAIBの出荷量を追跡調査しており、その量は1998年にピークに達し、1億1600万枚に達しました。2000年第1四半期以降、21億3000万枚以上のAIBが販売され、その価値は約4900億円にのぼります。

JPRは、このような市場の見通しを軌道修正と捉え、すべてのベンダーが消費者に向けてより手頃な価格で主流の選択肢を提供するため、今年後半はより良いものになると予想している。NVIDIAは最近、GeForce RTX 4060シリーズのグラフィックスカードを発表し、7月にはより手頃な価格の製品も発売される予定だ。AMDもRadeon RX 7600を発表し、より多くの選択肢を用意している。

一方、NVIDIAとAMDの両社は、メインストリームとバリューセグメントのゲーマーを引きつけるために使用できる古い在庫を持っている。一方、Intelは、コンシューマー・セグメントに非常に積極的で、現時点で最高の性能/ドルのオプションをいくつか持っている。同社はArc A750を値下げして提供する一方、16GBのArc A770は現在4万円以下の最も手頃な16GB搭載製品の有効な選択肢となっている。

新しいグラフィックスカードが発売されているが、価格性能比が明らかに悪いため、消費者はほとんど興味を示していないのも現状だ。GPUベンダー、特にNVIDIAは、この世代で価格が大きく上昇し、Adaの機能と効率は依然として他の追随を許さないものの、グラフィックスカードには多くの費用がかかっている。同時に、メインストリームのRTX 4060 TiとRTX 4060は、前世代と同じかそれ以下の価格だが、RTX 4090のように、3090年代に比べて50%以上の向上を達成したものを見ると、性能向上は見栄えがしないのが正直なところだ。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • porsche mission x
    次の記事

    Porsche、創立75周年に未来のハイパーEV「Mission X」を発表

    2023年6月9日 10:24
  • 前の記事

    NASAの新たな衛星写真でカナダの山火事の煙の巨大さが明らかに

    2023年6月9日 7:02
    namsmoke goes 2023158 lrg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事