あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIはついにAIによって、テキストから画像を自動生成する機械学習システム「DALL-E 2」のベータ版を公開した。擬人化したボーリングの玉や、真のバーガーキングまで作ったことで有名なこのAIは、今後数週間で100万人をウェイティングリストから招待する計画だ。

dalle2 custom 239d5dbf6960a2a57b39b0ae92574f4e4ba7c090 s1200 c85
「シュレックのロビイストの兄がワシントンを訪れる」というテキストから、OpenAIのDALL-E2が生成した画像

Tesla社のCEOでもあるElon Musk氏が設立したこの会社は、更に重要なことに、今後、DALL-E 2で生成されたすべての画像は、その作成者が営利目的で販売することができ、作成者はそのための完全な権利を所持すると発表している。

「本日より、ユーザーはDALL-E 2で作成した画像を商品化するための完全な使用権(転載、販売、商品化の権利を含む)を得ることができます」とOpenAIの声明は述べている。「これには、研究プレビュー中に作成した画像も含まれます。」

OpenAIのDALL-E 2のプレスリリースでは、この先進的な技術を、クリエイティブなプロセスを加速させ、インスピレーションを与える「パワフルなクリエイティブツール」として売り出している。しかし、すでに一部の人が指摘し始めているように、DALL-E 2を商品化することができれば、クリエイティブ産業にかなり大きな影響を与える可能性が高いだろう。

「これは絶対に正気の沙汰ではない。構図、照明、色彩の理解には驚かされる。このツールがどのように使われ、アーティストやクリエイターにとってどのような意味を持つのか、権利が開放された今、考えなければならないことがたくさんあります。」と、このソフトウェアを使用したというあるTwitterユーザーは書いている。

dalletaxi custom 55fb61121a805869691c61672ce724d0f6184dad s1200 c85
「ニューヨークのイエローキャブに座る3匹のチワワの写真」というテキストからDALL-E 2が生成した画像

同社のプレスリリースによると、このソフトウェアは、映画の絵コンテから児童書の挿絵に至るまで、様々なプロジェクトに使用されると、既にユーザーから報告があるとの事だ。しかし、AIへのアクセスは、例えばクリエイティブなプロジェクトのためにイラストレーターやグラフィックデザイナーを雇う資金がない人々にとっては信じられないようなツールになるかもしれないが、アーティストの雇用についても変えてしまう可能性がある。

squirrel custom 0ebb015339fa94189a934cc44e6442e2a78ee996 s1200 c85
「フィルム風の画像。帽子をかぶったリスがトランプをしている。ローアングル撮影。虫の視点」というテキストからDALL-E 2によって生成された画像

とはいえ、DALL-E 2へのアクセスは、個々のアーティストがより簡単に、より速く、自分の作品を作り、複製し、現金化することを保証するかもしれない。

NPRによると、同社はこれまで、悪質な業者がこのツールを使って誤った情報を流したり、偏った、憎い、あるいは不快な画像を作成したりすることを恐れて、製品の公開を差し控えてきたようだ。

結局のところ、どのような波及効果があるのかはまだわからない。とりあえずはウェイティングリストに登録して、どんな画像を作ろうか考えるとしよう

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする