Ryzen CPUの「3D V-Cache」をRAM Disk化すると桁違いの速度が出せる

masapoco
投稿日 2023年11月26日 20:12
ryzen cpu 3d v cache

AMD Ryzenプロセッサーの一部は、3D V-Cacheソリューションを搭載し、追加の大容量キャッシュを搭載しており、特にゲーム用途で著しい性能の向上を見せているが、通常のタスクではあまり有用でない事が多い。しかしせっかく搭載されている物を日常的に活かせないのは勿体ないので、これをRAM Diskとして活用しようとする猛者が現れ、その結果をXで共有しているが、結果はこれまで見たこともないような桁違いの速度であることが判明した。

Nemez氏が2月に行った投稿。当時はあまり注目を集めなかった。

この実験自体は既に年初にNemezというユーザーがXで行っていたが、その際はあまり注目を集めることはなかった。今回Albert Thomas氏が新たに共有し、Tom’s Hardwareが取り上げたことでこの事例が注目を集めることになった。

3D V-CacheをベースにしたRAM Diskは、約180GB/秒という非常に高速なデータ転送速度を示すことが判明した。これがどの程度早いのかと言えば、現在入手可能な最高のPCIe 5.0 SSDよりも10倍以上も速いのだ。

ちなみに、3D V-Cacheの内部のスループットが2-2.5 TB/秒であることからこそ可能になった事である。

ただし問題もある。この異常に速い速度は魅力的だが、Ryzenの3D V-Cacheの容量は実際にRAM Diskとして運用するには小さすぎるのだ。今のところ、3D V-Cacheを搭載したRyzenはすべて64MBの追加キャッシュメモリしか搭載しておらず、合計で96~128MBしかないのだ。ただし、1.3GBのL3キャッシュを備えた Genoa-XのようなEPYCプロセッサを使う事が出来るような資金に余裕のあるユーザーならば、興味深い用途が見つかる可能性もあるだろう。近い将来、コンシューマ・セグメントで同様のものが登場する可能性は低いが、数年後にはRyzenプロセッサの3D V-Cacheがデフォルトで使用されるだけでなく、一般ユーザーにとっても便利なものになる可能性は十分にあるだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • silicon wafer
    次の記事

    オランダの半導体大手NXPが2年半にわたって中国のハッカーグループから機密情報を抜き取られていた可能性

    2023年11月27日 6:31
  • 前の記事

    Musk氏の脳インターフェース企業Neuralink、4,300万ドルの追加資金調達を実施

    2023年11月26日 19:44
    neuralink show and tell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事