あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国による制裁の影響で、最新半導体技術へのアクセスが制限されている中国は、その枷から逃れるために独自の道を歩み始めており、今回新たにこれまでの中国産チップの数倍の性能を誇るというx86チップを開発したことを報告している。

中国のチップメーカーPowerLeaderが、国内市場向けに同社の第1世代x86CPUとなる「Powerstar」の発売を発表した。現時点では仕様の詳細は明らかになっていない部分もあるが、PowerLeaderは第1世代のPowerstarチップについて、年間合計150万個の販売を見込んでいることを明言した。

同社が披露したのは、PL PSTAR P3「P3-01105」というコードネームのチップ外観と、定格3.7GHzで駆動することだ。チップのデザインとレイアウトから、IntelのLGA 1151/1200ソケットのチップによく似ている事が見て取れる。また、Core i3-10105と同様のコードネームとクロック周波数を持っている事から、Intelの第10世代CPUと完全に同じではないにせよ、似ている可能性がありそうだ。

China PowerLeader Powerstar x86 CPUs gigapixel standard scale 4 00x Custom
(左)PowerLeader PL PSTAR P3「P3-01105」チップ (右)Intel Core i3-10105

この奇妙な類似点は、PowerstarがIntel CPUを新しい名前でリブランディングしているものなのだろうか?それとも、その下に独自の技術があるのだろうか?詳細は不明だが、それは実際のチップやプラットフォームの詳細が共有されて初めて確認できることだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする