あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

OpenAIの人工知能(AI)チャットボットChatGPTは、ちょうど1年前に無防備な一般大衆に解き放たれた

それは瞬く間に史上最も急成長したアプリとなり、2ヶ月目の終わりまでに1億人のユーザーの手に渡った。現在では、MicrosoftのBing検索、Skype、Snapchatを通じて10億人以上が利用できるようになり、OpenAIは年間10億米ドル以上の収益を上げると予測されている。

これほど急速に普及したテクノロジーはかつて見たことがない。多くの人々がウェブを使い始めるまでには、10年ほどかかった。しかし、今回はすでに配管が整っていた。

その結果、ChatGPTのインパクトは、シェイクスピア風にキャロルの引退について詩を書く以上のものとなった。多くの人々に、AIがもたらす未来を体験させたのだ。このテクノロジーが世界をどのように変えたかを5つの面で紹介する。

1.AIの安全性

ChatGPTは、AIが経済的な課題だけでなく、社会的、実存的な課題ももたらすという考えに、世界中の政府に知恵を絞らせた

米国のJoe Biden大統領は、AIの安全性とセキュリティに関する新たな基準を定める大統領令を発布し、米国をAI規制の最前線に押し上げた。この大統領令は、公平性と公民権を改善すると同時に、イノベーションと競争を促進し、AIにおけるアメリカのリーダーシップを促進することを目的としている。

その直後、英国は、第二次世界大戦中にドイツのエニグマ暗号を解読するためにコンピューターが誕生した場所であるブレッチリー・パークで、史上初の政府間AI安全サミットを開催した。

さらに最近では、欧州連合(EU)が、ChatGPTのようなフロンティア・モデルがもたらす潜在的脅威にAI法を適応させるのに苦慮し、AI規制における初期のリードを犠牲にしているように見える。

オーストラリアは規制と投資の面で後塵を拝しているが、世界各国は、5年前にはほとんどの人の頭をよぎらなかったこの問題への取り組みに、資金と時間と関心を向けるようになってきている。

2.雇用の安定

ChatGPTが登場する前、ロボットの到来を最も恐れていたのは、おそらく自動車労働者やその他のブルーカラー労働者だっただろう。ChatGPTや他の生成AIツールは、この会話を変えた。

グラフィックデザイナーや弁護士などのホワイトカラー労働者も、今や自分の仕事を心配し始めている。あるオンラインジョブマーケットプレイスの最近の調査によると、ChatGPTが開始されて以来、ライティングや編集の仕事の収入は10%以上減少しているギグ・エコノミーは炭鉱のカナリアかもしれない。

AIによって創出される雇用よりも破壊される雇用の方が多いのかどうか、大きな不確実性がある。しかし、ひとつだけ確かなことがある:AIは私たちの働き方を大きく破壊するだろう。

3.小論文の死

教育セクターはChatGPTの登場を敵対視し、多くの学校や教育当局がChatGPTの使用を即座に禁止した。ChatGPTが小論文を書けるようになったら、宿題はどうなるのだろうか?

もちろん、小論文が不足しているから書いてもらうのではないし、小論文が必要な仕事が多いから書いてもらうのでもない。小論文を書くことで、リサーチスキル、コミュニケーションスキル、クリティカルシンキング、領域知識を向上させることができるからだ。ChatGPTがどのようなサービスを提供しようとも、これらのスキルが必要とされることに変わりはない。

AIで不正をしているのは小学生だけではない。今年初め、米国の裁判官は、ChatGPTで書かれた法廷提出書類にでっち上げの法的引用が含まれていたとして、2人の弁護士と法律事務所に5,000米ドルの罰金を科した

これらは成長痛なのだろう。教育は、AIが多くのことを提供できる分野である。例えば、ChatGPTのような大規模言語モデルは、優れたソクラテスの家庭教師に微調整することができる。また、インテリジェントな個別指導システムは、正確に的を絞った復習問題を生成する際、限りなく忍耐強くなることができる。

4.著作権の混乱

これは個人的なことだ。世界中の著者は、ChatGPTのような多くの大規模な言語モデルが、同意なしにウェブからダウンロードされた何十万冊もの書籍で学習されていることを発見し、憤慨した。

AIモデルがAIから動物学まで流暢に会話できるのは、AIから動物学まであらゆる本で訓練されているからだ。AIに関する本の中には、私が著作権を持つAIに関する本も含まれている。

AIの教授が書いたAIに関する本が、AIの訓練に使われて物議を醸しているというのは皮肉な話だ。これが著作権法違反かどうかを判断するため、米国では現在複数の集団訴訟が行われている。

ChatGPTのユーザーは、チャットボットが著作権で保護された書籍から引用されたテキストの塊全体を逐語的に生成した例さえ指摘している。

5.誤報と偽情報

短期的には、私が最も心配している課題は、ChatGPTのような生成AIツールを使って誤報や偽情報を作り出すことである。

この懸念は、合成テキストにとどまらず、本物と見分けがつかないディープフェイクの音声や動画にまで及ぶ。AIが生成したクローン音声を使った銀行強盗がすでに発生している。

選挙も脅かされているようだ。ディープフェイクは2023年のスロバキア議会選挙キャンペーンで不幸な役割を果たした。選挙の2日前、独立系ニュース・プラットフォームの有名ジャーナリストと進歩的スロバキア党の議長が出演したとされる、不正選挙に関する偽の音声クリップが数千人のソーシャルメディア・ユーザーに配信された。コメンテーターは、このような偽コンテンツが選挙結果に重大な影響を与える可能性があると指摘している。

Economist誌によると、来年の各種選挙では40億人以上が投票を求められるという。そのような選挙で、ソーシャルメディアのリーチ力とAIが生成したフェイクコンテンツのパワーと説得力が結びついたとき、何が起こるのだろうか?すでに脆弱な民主主義国家に、誤報や偽情報の波が押し寄せるのだろうか?

来年の展開を予測するのは難しい。しかし、2023年が何かを示すものであるならば、私たちはシートベルトを締めることをお勧めする。


本記事は、Toby Walsh氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「A year of ChatGPT: 5 ways the AI marvel has changed the world」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする