あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

スウェーデンのチャルマース工科大学で開発された最先端の量子コンピュータが、大規模な資金提供により、国内の研究者や企業が利用できるようになる予定だ。

Knut and Alice Wallenberg Foundationが提供する追加資金により、チャルマース工科大学の専門家は同大学の量子コンピュータの複製を製造し、スウェーデン国内の産業界に提供することが可能になる。この技術の製造に加え、1億200万クローネ(19億円)の資金は、企業や研究者が量子技術を使用して問題を解決するための「量子ヘルプデスク」の開拓に役立てられる。

2018年から、チャルマース工科大学のWallenberg Centre for Quantum Technology(WACQT)構想のもと、スウェーデンで量子コンピュータを設計・製作する大規模プロジェクトが実施されている。

このプロジェクトは成功し、25個の量子ビットを持つ最先端の量子コンピュータを完成させた。2029年までに100量子ビットを達成することが目標だが、現在の25量子ビットでも複雑なアルゴリズムを効率的にこなすことができる。この技術の最大の問題は、研究者が常に最適化に取り組んでいるため、ほとんど利用できないことである。

チャルマース工科大学の教授でWACQTのディレクターであるPer Delsing氏は、次のように説明した。「そこで私たちは、量子コンピュータのコピーを作り、企業や研究者がアルゴリズムを実行するためのテストベッドとして利用できるようにする予定です。その目的は、スウェーデンの量子技術における能力レベルを上げ、量子コンピュータを使うための敷居を低くすることです。」

量子コンピュータのコピーの開発に加え、今回の資金提供により、実行可能な量子アルゴリズムへのユーザー誘導やトラブルシューティングを行うサポート機能(量子ヘルプデスク)を備えたテストベッドを革新することができる。また、このテストベッドは、量子技術コンポーネントを開発している企業にテスト装置を提供する予定だ。

また、Delsing氏は、「目標はユーザーが予備知識をあまり必要としないようにすることです。量子コンピューターで解決できるかもしれないと聞いたことがある、という程度で十分です。量子ヘルプデスクは、そこから手助けをしてくれます。」と述べた。

テストベッドは、2024年にコンポーネントをテストするための装置と量子ヘルプデスクを公開し、2025年にアルゴリズムを実行するための量子コンピュータを公開する予定だという。量子コンピュータの量子ビットは、オープンから数年以内に25から40量子ビットに増加する予定だ。

量子コンピュータを商用利用可能にすることは、今に始まったことではなく、さまざまな企業がクラウドを通じて量子コンピュータを提供している。しかし、WACQTのテストベッドは、スウェーデンのユーザーにとってコストが大幅に削減されます。

「もうひとつの大きな違いは、量子コンピュータのフードの下にあるものを透明にしていることです。そのため、ハードウェアに合わせてアルゴリズムを最適化することができ、計算を成功させる確率を高めることができます」とDelsing氏は結論づけた。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする