Blue Origin、NASAと34億ドルの契約を結び月面着陸船を建造へ

masapoco
投稿日
2023年5月21日 18:03
bluemoon nasa

NASAは、人類による月への帰還を目指すアルテミス計画の2つ目の有人着陸システム(HLS)の構築にBlue Originを選んだことを発表した。Amazon創業者のJeff Bezos氏によって設立されたこの宇宙企業は、完全に再利用可能な着陸船の開発を主導し、早ければ2029年の飛行を目指すという。

ギリシャ神話の女神でアポロの双子の妹にちなんで名付けられたアルテミス計画は、1972年のアポロ17号以来、人類を月に戻すことを目指すNASAの月探査計画である。

NASAはアルテミス計画のミッションで複数の目標を達成することを意図しており、Artemis IIミッションは2024年に宇宙飛行士が月周辺を周回する予定だ。Artemis III以降のミッションは、2024年に離陸する予定だが、乗組員による月探査となり、女性初、有色人種初の月面着陸が期待されている。

Blue Originは、34億ドル相当の新規契約の一環として、Artemis VミッションにおけるNASAの有人着陸システムの要件を満たすために、Blue Moon着陸機の設計、開発、試験、検証を行う予定だ。

NASAのBill Nelson長官は、「今日、Blue Originが、Artemisの宇宙飛行士を月面に送り出すためのNASAの2番目のプロバイダーとして、人間着陸システムを構築すると発表したことに興奮しています。私たちは今、有人宇宙飛行の黄金期を迎えており、それはNASAの商業的、国際的なパートナーシップによって実現されるものです。私たちは共に、火星に最初の宇宙飛行士を着陸させるための道を開くインフラへの投資を行っています」と、述べている。

民間企業や国際的な民間団体と提携することで、納税者のコストを削減しつつ、定期的な月面着陸と月経済への投資というCIAの目標に妥協しないことが期待されている。

Bezosの野望

Blue Originは以前、Artemis IIIとIVミッションの初期有人着陸システムのデモンストレーションで、Elon Musk氏のSpaceXに敗れた。Blue Originは、同様の要件を満たし、乗員数の増加、ミッション期間の延長、より多くの質量の月への配送をサポートする着陸機を開発する予定だ。

アラバマ州のNASAマーシャル宇宙飛行センターの人間着陸システムプログラムマネージャーであるLisa Watson-Morgan氏は、「NASAのミッションニーズを満たす方法について異なるアプローチを持つ2つの異なる月着陸船の設計を持つことは、より堅牢で、月着陸の規則正しい流れを確実にします」と述べている。

Bezos氏は、AmazonのCEOを退任して以来、「最も重要な仕事」であるBlue Originに集中して取り組んでいる。

Blue Originは、ナショナルチームのパートナーとともに、超低温での貯蔵を必要とする高性能推進剤である液体酸素-液体水素(LOX-LH2)で月着陸船を動かす予定だ。

この条件を満たすために、Blue Originは太陽電池を利用した20度ケルビンのクライオクーラーやその他の技術を開発・飛行させ、LOX-LH2がもたらす利益を享受する。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • magic leap 2
    次の記事

    Meta、Magic Leapと複数年のパートナーシップを締結しAR技術開発を更に進める可能性

    2023年5月22日 5:38
  • 前の記事

    世界初、“木”で人工衛星を作るための宇宙での木材曝露実験が完了

    2023年5月21日 12:10
    img 697caa42d329deef9a4c22d6327c4bcd507286
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • Voyager

    NASA、探査機ボイジャー1号から再び理解可能なメッセージを受け取った事を発表

  • 12310 v 2

    H3ロケットの打ち上げが成功、日本の宇宙開発にとって重要な成果

  • 現代物理の法則に反する「量子ドライブ」の実験が失敗

  • 2024 ph i romero calvo graphic 1968x1200 1

    磁気流体駆動装置が火星の燃料ステーションにつながる可能性

今読まれている記事