あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

MicrosoftはGPT-4を利用した新しいBingのチャット機能を導入し、その結果、Bingの利用者数が急増している事が明らかになった。Reutersによると、Bingでは、新たなBingチャットの導入以降、ページ訪問数が15.8%増加したとのことだ。先日には、OpenAIとのパートナーシップの効果として、Bingが初めて1億人以上のデイリー・アクティブ・ユーザー数を獲得した事も報告されている

これは、Googleの検索市場支配に対抗するMicrosoftの戦略が効果を発揮していることを示している。Googleのユーザー数は同じ期間で約1%減少しており、その数はささいなものではない。アナリストのGil Luria氏は、Googleのユーザーの1-2%がBingに移行するだけでも、Microsoftにとって大きな利益になるだろうと述べている。また、BingとGoogleのモバイルアプリのダウンロード数でも顕著な変化が見られ、Bingは約8倍のダウンロード数を記録したが、Googleは約2%減少しているとのことだ。

もちろん、Googleも対抗策を講じている。最近、自社のジェネレーティブAIを搭載したチャットボット「Bard」のプレビューを米国と英国で公開し、将来的には検索やWorkspaceなどのGoogle製品に統合されることを示唆している。しかし、今のところ、Googleは明らかにかなり後れを取っているようだ。

AI技術を活用した新しいBingがGoogleにどれだけ対抗できるのか、今後の動向に注目が集まる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする