あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

オランダのスタートアップ企業であるLightyear社は、正式に破産を宣言してから数ヶ月後、大幅に少ないスタッフで新会社として事業を再開し、大衆向けソーラーEVの開発を継続する事を発表した。

本日発表されたプレスリリースによると、同社は関係者全員が満足する再建計画を完了し、全く新しい会社「Lightyear Technologies」として再スタートすることが出来たという。1月に破産宣告を受けたLightyearの親会社である Atlas Technologies Holdingは、本日、新会社としてLightyearを生まれ変わらせることを許可した。

Lightyearの再始動は、現在の投資家によって実現された。Arnoud Aalbersberg氏は、必要な投資額を調達したImpact Investor Group(IIG)の代表を務めている:「投資家として、個人投資家の利益を守るために、2月初旬に立ち上がりました。個人投資家の利益を守るために、2月初旬に立ち上がりました。また、同じグループが再始動を資金面で可能にしました。私たちは成功したのです!」また、Lightyearの最大の投資家は、Lightyearの知的財産を再建会社に提供することで、再出発を促進した。

また、知的財産やソーラーパネルの子会社もLightyear Technologiesに移管されるため、社員数は約100名となり、創業時の600名から大幅に減少することになる。

CEO兼共同創業者のLex Hoefsloot氏は、次のように述べている。「Lightyearの持続的な成功のために、ステークホルダーの皆様の利益を考慮し、なんとか再編を完了できたことを大変うれしく思います。チーム全体と多くのステークホルダーが、この実現のために懸命に働いてくれました。彼ら全員に明確に感謝したいと思います」

Lightyear チームは、明確な優先順位を維持する予定だ。次の数カ月は、Lightyear 2を低コストで製造し、Lightyear 2とその極めて効率的な技術の開発における次のステップのための資金をさらに調達することに重点を置く予定だという。

Lightyearの事業会社は1月に債務超過に陥った。Lightyearの親会社であるAtlas Technologies Holdingもこれに追随している。この措置は、Lightyearの新会社としての再建を完了させるために必要なものだ。Atlasのソーラーパネル部門の知財とスタッフは、この新会社に組み込まれる予定だ。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする