あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

プラスチック廃棄物の問題は深刻だ。国連財団の調査報告によると、年間4億3,000万トン以上発生するプラスチック製品のうち、3分の2が1回使用されただけでゴミとして捨てられているという。その結果、膨大な量のプラスチック廃棄物が陸と海の両方を覆い尽くしている。

プラスチック廃棄物を削減するための有効な方策としてはリサイクルがある。プラスチックをリサイクルすることで、プラスチック製造による環境への影響を最小限に抑え、エネルギーを節約し、新しい原材料の必要性を減らすことができるのだ。だが新たに発表された研究によると、こうしたリサイクルの取り組みの結果生み出されるプラスチックには、我々が想像もしていなかったような危険性を持つ可能性があると言う。

ヨーテボリ大学の研究者たちが、13カ国から集められた再生プラスチックペレットを調査したところ、医薬品や化学物質を含む数百もの有害物質が含まれていることが判明したのだ。

Plastic pellets 200dpi credit Bethanie Carney Almroth
(Credit: Bethanie Carney Almroth)

リサイクルプラスチックの安全性に投げかけられる疑問

この結果は、プラスチックがリサイクルの過程で徹底的に洗浄されるにもかかわらず、である。

破砕・溶融された再生プラスチックペレットは、容器、包装材、繊維製品など、さまざまな製品の製造に使用される。消費者は、リサイクル素材から作られた製品を選ぶことで、リサイクル製品の市場を支援することが奨励されている。

ヨーテボリ大学のBethanie Carney Almroth教授は、「プラスチックのリサイクルは、プラスチック汚染の危機に対する解決策として注目されていますが、プラスチックに含まれる有毒化学物質が再利用や廃棄を複雑にし、リサイクルを妨げています」と語る。

ペレットに含まれていると疑われる有機化学物質のうち、491種が確認され、さらに170種が暫定評価された。これらの物質は、工業用化学物質、プラスチック添加剤、医薬品、殺虫剤など多くの分類に属する。

プラスチックに含まれる化学物質に関する規制はほとんどなく、プラスチック廃棄物の国際取引がこの問題を複雑にしている。

「有害化学物質は、リサイクル作業員や消費者、そして広く社会や環境にリスクをもたらします。リサイクルがプラスチック汚染の危機への取り組みに貢献する前に、プラスチック産業は有害化学物質を制限しなければなりません。プラスチックに使用されている化学物質は13,000種類以上あり、その25%が有害化学物質に分類されています。どのプラスチック化学物質も(安全であると)分類することはできません」としている。

消費者にとって安全ではない

というのも、プラスチックのリサイクルが成功するかどうかは、一般消費者の参加やリサイクル材料の市場開発といった要因に左右されるからだ。しかし、この新しい研究は、再生プラスチックは消費者にとって安全でない有毒な化学物質を多く含むため、ほとんどの用途には適さないことを示しており、このようなイニシアチブを阻害する可能性もある。

この研究の結果は、循環型経済を確立する努力を妨げることは間違いなく、プラスチックごみの圧倒的な問題に対して何ができるのかと言う点を、根本的に問い直す重大な問題を提起している。

現時点で言えることは、再利用可能なバッグや水筒、容器など、使い捨てプラスチックの代替品を使うよう消費者に奨励し、プラスチックごみの発生量を減らすことだ。多くの使い捨て商品は、より持続可能な選択肢に簡単に置き換えることができる。


論文

参考文献

研究の要旨

プラスチックは驚異的な数の化学化合物を使用して製造されており、その多くは有害な特性を持つことが知られているが、その他の化学化合物には包括的な有害性データがない。さらに、非意図的に添加された物質がライフサイクルの様々な段階でプラスチックを汚染する可能性があり、その結果、リサイクル材料には未知数の化学化合物が未知の濃度で含まれることになる。特定のプラスチック製品に含まれる有害化学物質の許容濃度に関する国や地域の規制はいくつか存在するが、国際的な規制の対象となるプラスチック化学物質は1%未満である。現在、プラスチックのバリューチェーン全体を通して化学物質の透明性のある報告や、リサイクル材料中の化学物質の包括的なモニタリングを義務付ける政策はない。

ここで紹介するデータセットは、南半球の様々な地域から入手した再生高密度ポリエチレン(HDPE)ペレットの28サンプルと、バージンHDPEの参照サンプルの化学分析を提供するものである。分析は、液体クロマトグラフィー-高分解能質量分析計(LC-HRMS)およびガスクロマトグラフィー-高分解能質量分析計(GC-HRMS)を使用した、ターゲットおよびノンターゲットスクリーニングアプローチで構成されています。合計で491の有機化合物が検出・定量され、さらに170の化合物が暫定的にアノテーションされた。これらの化合物は、農薬、医薬品、工業化学物質、プラスチック添加物など、さまざまなクラスにまたがっている。

その結果、HDPE加工に一般的に使用されるN-エチル-o-トルエンスルホンアミドなど、特定の化学物質が高濃度で検出された。この論文は、再生プラスチックに関連する複雑な化学組成に関する知識を深めるデータセットを提供するものである。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする