あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple の VR ヘッドセットは業界にとって「最後の希望」

Appleが発表する複合現実ヘッドセットは、同社にとって大きな賭けであり、先駆けとなるデバイスでもある。噂のReality Oneヘッドセットは、2023年のある時期に発表される予定だ。信頼できる業界アナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、このヘッドセットはバーチャルリアリティ市場の門戸を開くか、あるいはこのカテゴリー全体に破滅をもたらす可能性があると言う。Kuo氏は今週、Mediumに仮想現実(VR)と拡張現実(AR)業界が直面している困難について意見を述べ、Appleがそれを正しく理解できないなら、誰もできないだろうと述べている。

Mediumに掲載された彼の記事には、この市場で他のハイテク企業が耐えた苦闘が詳細に書かれている。例えば、SonyはPSVR2ヘッドセットを今年2月下旬に発売したばかりにもかかわらず、すでに20%減産していると指摘している。Sonyは値下げを検討している可能性すらある。PSVR2ヘッドセットは549ドルで、これにゲーム機本体代が加わり、必携のタイトルが乏しいプラットフォームへの投資としてはかなり高額なものとなっている。Metaも最近、Quest Proヘッドセットの価格を500ドル引き下げた

Quest Proについて、Kuo氏は、同社はライフサイクル全体を通して30万台しか出荷しないので、Sonyと同じような状況になると述べている。さらに、中国最大のヘッドセットブランドであるPicoは、ByteDanceがTikTokに加えて所有しており、2022年のヘッドセットの出荷台数は予想よりも40%少なかったと指摘している。一時は、この会社がTikTokの中毒性とヘッドセットを組み合わせて世界を制覇するのではと思われていたが、それは実現しないかも知れない。

これらのデータポイントに基づき、Kuo氏は、ヘッドセットがパーソナルコンピューティングの次の「スター製品」になることを示唆するデータは不十分であると結論付けている。しかし、1つだけ「最後の希望」があるとし、それはAppleのヘッドセットであると述べている。もしAppleが、この技術がコンピューティングの未来であることを人々や投資家に納得させることができなければ、この黎明期の技術にとって終焉を招く可能性もあると、彼は述べている。

上記はあくまでKuo氏の経験則に基づく意見だが、多くの人が同じ意見を持っていても不思議ではない。Metaでさえ、研究開発に何十億ドルも注ぎ込み、市場の大部分を占めているにもかかわらず、メタバースとそれに必要なヘッドセットを普及させることは今のところできていないのだ。同社は最近、メタバースにまだ取り組んでいることを人々に思い出させ、その実現にはしばらく時間がかかるかもしれないと説明しなければならなかったほどだ。この発言は、同社CEOがメタバース関連製品ではなく、AIに多額の投資を始めると発言した後のことだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする